[携帯モード] [URL送信]

こねことおおかみ/完結
おおかみは悩む



「むぅーくーん」



いくら呼びかけても反応してくれない宗昭の手で、凛の視界は塞がれたまま。



凜は暇でしかたがなかった。




(むーくんの手あったかぃ(フニフニ)

 骨がごつごつしてるー(ニギニギ))




宗昭の手で遊び始めた凛。

ずっと弄っているうちに、宗昭の大きな手は凛の顔全体を覆うようになっていた。


(むー。 苦しい・・・)








一方


「大好き(動物が)」発言に未だ悶えていた宗昭。理性を取り戻すのに必死であった。


(あーやべぇ落ち着け俺、大丈夫、大丈夫だこいつは猫。そう猫だと思え。じゃれてる猫、猫猫猫ね・・・・)











・・・・・・・ペロッ




がばっ!!


「ぁう」 (べちゃっ)










まさに猫のように指を舐めた凛は、立ち上がった宗昭から床へと落っことされた。

<*わんにゃん#>

6/34ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!