[携帯モード] [URL送信]

中編
2
 


「───…、」



 薄暗い天井が見えた。
 足を動かすと、布が擦れる音が聞こえる。何だか懐かしい寝心地に、ゆっくりと頭を動かした。
 知らない部屋。
 殺風景なそこは静かで、ぼうっと室内を見ていると足先の方から戸の開く音がして、視線を移す。



「起きたか」
「……あんたの部屋か」
「ああ。お前の部屋なんか知らねぇし、もう特別棟じゃねぇんだろ」
「……ああ、」



 やはり槙野は知っていて聞かなかっただけらしい。
 生徒会ではない以上、専用に宛がわれていた特別棟の部屋には居られない。
 理事の好意でひとり部屋ではあるが、退院前に特別棟ではなく一般寮に移っている。奴が知らないのも当然だ。教えていないのだから。

 体を起こすと、倒れる前よりは随分楽になっていた。
 心地好い布団の感覚に、どこか懐かしさを消せずにいる。枕も掛け布団も、体に合っている。



「これ、どこの寝具だ?」
「は?」



 その感覚がなんなのか思い出せずに、気になって聞いてみると槙野は呆けた顔で俺を見た。



「……確か、雫ってとこのやつ」
「あぁ、通りで」
「なんだよ」



 社名を聞いて思い出した。
 怪訝な顔をする槙野は、パッと見は不機嫌そうだ。



「特別棟の備え付けが、同じ会社だった」
「……さすが特別棟」



 一般寮の寝具も備え付けがあるが、生徒が好みのものに変えることも出来る。
 特別棟の寝具も寝心地は良かったが、同じ会社でも槙野が使っているこの布団は、なぜかとても気持ちが良い。
 あっちは一番良いものを使っているはずだが、こうも違うものだろうか。



「それ、型自体は結構前のやつだけど」
「そうなのか…」
「寝心地いいから買ったけど、たっけぇのな」
「まあ、な」



 槙野はベッドの隅に腰を下ろすと、掛け布団を撫でる。気に入っているんだろう。



「悪いな、占領して」
「べつに。気にしてねぇよ、お前なら」



 俺なら、ね。
 鋭い瞳が見つめ返してくるが、そらすことなく見ながら、ふと思う。



「同室者は」
「あぁ…今はひとり。急な事情で転校するってんで引っ越した」
「へえ」
「だから誰も来ねぇよ。気が済むまで居れば」



 投げやりな声に反して優しい気遣いだった。
 人間は見た目や第三者からの噂やイメージだけでは、本質は分からない。いい見本だ。
 部屋に戻ったところで特にやることもない。いつも通りに動けるが、なぜかまだ、ここに居たいと思った。
 その事実に自分で驚く。



「じゃあ、ついでに風呂使わせて」
「お前、結構強かだな」
「嫌なら大丈夫。帰るから」
「別に嫌っつってねぇよ」



 どうやら使わせてくれるようだ。
 強か、というよりも、嫌われるだとかそういう不安がないのだと思う。
 いいひと、悪いひと、好きなひと、嫌いなひと。そんなもの、もう知り飽きた。



 

[*←][→#]

11/51ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!