[携帯モード] [URL送信]

生徒会シリーズ


「・・・ここ、弱いですよね」

「―――――っ、おま」

「可愛いです、会長」

「〜〜〜〜っ!」

体の向きを変えて私が馬乗りになる
・・・まさか私が会長を押し倒す日がこようとは・・・
感謝致します、神よ!←

絡めた手をそのままに顔を近づける

「緑く、・・・ん、む」

ペロペロと口の周りに舌を這わす
最初は嫌がっていた会長も次第に大人しくなった

「ん・・・っふ」

アイスはもう全部取れたけど、離したくなくて唇を舐める

「み、どり君!」

胸を叩かれて渋々舐めるのをやめる
会長を見ると涙目になりながら私を睨んでいた

・・・・・・煽っているんですかね・・・?


[*前へ][次へ#]

5/7ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!