[携帯モード] [URL送信]

黒蝶乱舞

「あっ、姐さん」

「いぶきさん」

「いぶき姐」

3人が慕う女、まぁ先程の声の主が現れた

「作者だいぶ手抜いたな!!」


「それよりアンタら何してんの?また暴れやがって…」

「だってこいつらがいぶきのことつけてるんだよ!!」

「私らとっちめてただけです!!」

「あぁもう分かった、とっちめてくれたのね、ありがと」

ズカズカといぶきは銀時達の方へ歩み寄ってきた


「てか私なんかつけるやつはどいつなんだか…」

「ってて…あ〜びびった」

銀時がいぶきに目を向けた



「「あっ」」


2人は声を揃えて同じ言葉を口にした




「…銀時!?」

「いぶきか?」

[*前へ][次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!