[携帯モード] [URL送信]

黒蝶乱舞

「小夜!!」

「尚、アンタ遊びすぎ!!私も入れなさいよ」

「うるせーな、勝手じゃねーか!!」

「多重人格を出すな!!」

「まっ、助かったからいいや」

「ホントよ、私が飛び出して来なかったらアンタ全部うけてたじゃない」


「なっ…またガキが出てきたぞ」

「私の銃弾はどうなったアルカ?」


「銃弾ならおいしくいただきました〜」

べろっと小夜が舌を出すと、神楽が撃った銃弾がコロコロと地面に落ち転がった

「弾丸を…!!」

「食った!?」



「私に弾丸は通じないわ!!」

ダンッと地面を蹴り、小夜は神楽に向かった

ドォンと互いの足がぶつかる


「夜兎さ〜ん、私とやらない?」

「上等アル」


「じゃあ僕の相手は…眼鏡にーちゃん!!」

「えっ!?僕!?」


「くそっ!!こいつら只者じゃねぇ!!」

[*前へ][次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!