[携帯モード] [URL送信]

縁切りの神様
貴方を想うからこそF




「亜由美!!こっちに来いッ」
「きゃっ///」

急に腕を思い切りグイ、と引っ張られたかと思ったら



「……もう離さないぞ」
「!!」

ギュウッと頭から強く抱き締められてビックリさせられる。



更に


「やっぱりダメだ。俺にはお前の居ない生活なんて耐えられない。一緒に…留学先へ来てくれ!!」


兄である男が必死な声色でそんな事を言い出したので。


一瞬兄の言葉を良く理解出来なかった娘は首を傾げ


「……‥え?!」

と、驚くばかりだった。



其れでも、兄である男が真顔で



「お前の事を‥愛してるんだ///」

などと言い出すから。



「〜〜〜っ///」


ボンッ、と爆発しそうになるくらい顔を真っ赤にした娘は、兄から受けた予想外の告白に目眩さえしそうだった。


だけど、嬉しさが勝ったのか急に涙腺がウルッと緩んでしまい。




「…私だって!!兄さんの事が―――」


結局勢いに任せて、長年封じていた己の気持ちを白日の下に晒す事となるのだった。



[*前へ][次へ#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!