[携帯モード] [URL送信]

Re1:The first sign
C


*・*・*・*



『む、無駄な抵抗は止めて大人しく武器を捨てろ!』

「うるせぇ!こっちには人質がいるんだ!!てめぇらこそ退きやがれっ!!」

 建物内から聞こえるのは、乱暴そうな男の声。
 この救急センターには、怪我や病気で動けぬ人質が大勢いる。
 むやみに相手を刺激すれば、何をするか分からない。
 その為、駆け付けた兵隊は中々突入できずにいた。

 だが此処に一人だけ。
 そんな事情など露知らず、無謀な行動を取る少女がいた。

『セルディス派とかいうヒマ人に告ぐっ!!!!』

 その声の主は、一人の兵士から拡声器を奪い、大声で犯人を刺激するアイリスだった。

『こんな事してもねぇ、軍はあんた達なんか相手にしてないってさ!!!あと5秒以内に出てこなきゃ突入するからね!!』

 見知らぬ少女の登場とその有り得ない言動に、暫し唖然としていた兵士。
 だがふと我に返り、事の重大さに気付く。

 その時既に、恐怖のカウントダウンは始まっていた。

『ごぉー、よーん、さーん、にーい…』

「こ、こらっ!止めないか!!」

 軽快に数を数えるアイリスを、兵士が慌てて彼女を取り押さえようとする。
 その時だった。

『いーち…』

ドォォオオンッ!!


 聞こえたのは爆発音。
 突然建物の壁が破壊され、白い煙が立ち込める。
 その中からうっすらと見える人影に、アイリスや兵士達は目をこらした。

 煙が、徐々に晴れていく。

「どこの馬鹿女かと思えば…」

「お?」

 なぜか聞き覚えのある声が耳に入り、アイリスは首を傾げた。
 壁を突き破って現れたその人物は、殺気に満ちた表情で彼女を睨んでいる。

 その巨体。乱暴な言葉遣い。ダミ声。
 かろうじて、まだアイリスの記憶に残っていた。

「…またてめぇか、クソアマ!!!!」

「あぁっ!!さっきの酔っ払い!!?」

 アイリスは男を指を差し、大声で叫んだ。
 無理もない。
 先程酒場で出会った大男が、正しくテロリストだったのだから。

「犯人ってあんただったんだ!何でこんな所を占拠してんの?」

「てめぇのせいだろがっ!!」

 激怒する大男に対し、アイリスは冷静に過去の記憶を掘り返す。

「あぁ…、あたしが関節外したから病院来たのね。大丈夫だった?」

「大丈夫じゃねぇっ!!三時間も痛ぇ思いしたんだぞ!?」

「たった三時間で治ったんなら良かったじゃない」

 ケラケラと笑い、えらく楽観的なアイリスの態度は、大男を苛立たせるばかり。

「てめえには痛い思いしてもらわねぇと気が済まねぇな…」

「無理よ、あんた鈍いし」

「ぶっ殺す!!!!」

 大男がアイリスに向かって行こうとした、その時。

「待て、サイム。女性に手を上げるんじゃない」

 聞こえてきた制止の声は、凛とした大人しいもの。
 先程破壊した壁の穴から、もう一人の男性が姿を現した。
 長いストレートの銀髪を靡かせながら白いスーツを身に纏い、颯爽と歩くその姿は、どこからどう見ても紳士。
 その場の空気とはそぐわない人物の登場に、アイリスや兵士らは唖然としていた。

「り、リーダー!!だけどこの女が俺の腕を…!」

「君は女性の扱いも知らないのか?僕に任せたまえ」

 そう言うなり、男はこちらに歩み寄る。
 アイリスは表情を険しくしながら、警戒した。

「…あんたがリーダー?」

「いかにも、この僕こそ反ジルクス組織セルディス派のリーダー、リノ=セルディスです。以後お見知り置きを」

 リノと名乗る男は一礼すると、アイリスの手を取り、甲に口付けた。
 まるで貴族の男性が、婦人に挨拶をするかのように。
 野蛮な組織のリーダーとは思えない、紳士のような立ち振る舞いに、一同は拍子抜けしてしまった。
 だがアイリスだけは警戒心を解かぬまま、解放された手の甲をゴシゴシと拭う。
 その杜撰(ずさん)な行動に、リノの表情が少し歪んだ。

「あんたがリーダーなら話は早いわ。今すぐ人質を解放してこの場から退いて」

「残念ながら無理な相談です、マドモアゼル」

「ま、まどもあ…!?私はアイリスよっ!!」

 声を張り上げ、必死に名前の訂正を抗議するアイリス。
 田舎娘は“令嬢”の意味を知らなかった。

「失礼、アイリス嬢。ですが我々とて、一度起こしたクーデターからあっさり引き下がる訳には行かないのですよ。まぁ…貴女次第で動かない事もないですが」

「…どういう意味?」

 アイリスの顔が歪む。
 するとリノは、スーツの胸ポケットに刺していた一輪の赤いバラの花を差し出した。

「この豪腕サイムを負かした貴女に興味があります。どうです、我々の仲間になりませんか?」

「り、リーダー!?」

 サイムと呼ばれた大男は、慌ててリノを制止しようとした。
 だが彼は真っ直ぐにアイリスを見つめる。

「私は、貴女のような強く美しい女性が好きです。共にこの都市を手に入れましょう?欲しい物は何でも、力で手に入りますよ」

 妖艶な笑みに甘い誘惑。
 アイリスは、差し出された真っ赤なバラの花をじっと見つめていた。


 欲しいものは、力で手に入る。
 そうね…昔は私もそう思ってた。
 力さえあれば、全てが上手くいくと思っていた。


 だけどね。
 岩より固いあたしの信念を根底から覆したのは、弱い筈の彼だったんだ。



.

[*前へ][次へ#]

5/32ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!