[携帯モード] [URL送信]

Re1:The first sign
C



*・*・*・*


「ノア、説明して下さい。何があったんですか?」

 …何だよ。
 俺は悪くねぇぞ。

「いきなりあんな風に逃げ出すなんて、タダ事ではないでしょう」

 大体、あの女が好き勝手な事ばっかり言いやがるから。
 関係ねぇくせに、出しゃばるから。

「どうせ貴方がロクでもないこと言って怒らせたんでしょう。さっさと連れ戻しに行ったらどうです?」

「さっきからウルセェな!!つーかなんで俺が悪者になってんだよっ!!」

「じゃあ、アイリスさんに非があるんですか?」

 ルツキのその問に、ノアは素直に頷く事が出来なかった。
 静かな店内に、一瞬だけ沈黙が響く。
 言葉に詰まってしまった事を誤魔化すように、ノアは乱暴にソファーへ腰掛け、煙草に火を付けた。
 そんな彼の幼稚な反抗心に、ルツキは椅子に座る事はなく小さな溜息を漏らすばかり。

 なんて意地っ張りだ。
 アイリスの事を気にも留めていなければ、ノアはとっくに自室に戻っている筈。
 それでもこうして店内に残り、出入口の方を気にしているという事は、まだ完全に彼女を放置するつもりはないということだ。
 面倒な、性格。
 心配ならばさっさと連れ戻せばいいものを。

「…あいつ」

 ふとノアが口を開いたので、ルツキは考えを中断した。
 ノアは機嫌が悪そうに煙を吐き、落ち着かない様子で足を組み直す。

「俺のこと、死にたがりのバカヤロウだって言いやがった」

「まぁ、間違ってはいませんね」

「自分すら大事に出来ないのに、どうやって他人を守るんだって、説教たれやがった」

「正論ですね」

 悠長に感想を述べるルツキを、ノアはギロリと睨み上げた。
 だが逆にルツキは僅かに口元で弧を描いている。

「それでノアは、アイリスさんに逆ギレしたという訳ですね」

「ああ、つーか…」

 途端にノアはうなだれてしまい、ハァと短く溜息を付き、煙草の先を灰皿で潰した。

「さすがに殴っちまったのは、マズイよな…」

「…殴ったんですか」

「いや、パーだけど。わりと強めに」

 ルツキがあっけらかんとする傍らで、ノアはがっくりと落胆していた。
 ノアがアイリスを探しに行けない理由は、それだった。
 女に手を上げたのは流石にまずかったと反省しているからこそ、アイリスに対して後ろめたさを抱えているのだ。
 仕方なしに、ノアは二本目の煙草をくわえて火を付ける。
 大きく煙を吐くと、頭がスッと冷静になった。

 ああ、悪いのは俺だ。
 この自己犠牲心が歪んでる事くらい、自分でも解っていたのに。
 当たり前のことを指摘されて、それが面白くなくて手を出した。

 ――…最低だな。

「らしくない、ですね」

 ルツキが無意識にぽつりと呟いた言葉を、ノアは聞き逃さなかった。

「大体どうして、アイリスさんをアジトに軟禁するような真似をしたのです」

「どうしてって…」

「確かに今、軍に我々の居場所を悟られてはならない。けれどそれなら、彼女を口止めする方法はいくらでもあった筈です」

 そうだ…、口外の恐れがあるなら、強引に手を下す方法もあった。
 弱味でも何でも握って、脅せばいい。
 けれどノアはそれを実行せず、あえて彼女を傍に置いた。
 それは、何故?

「分かんねぇ…」

 ノアはくしゃり、と自らの前髪を掴んだ。

 アイリス=ミストハート。どこまでも勇敢で、無謀で、そのくせ世間に疎い。
 そして何より、彼女は強いのだ。
 年若い女性がたった一人で都会に赴くだけでも、大変な苦労があっただろう。
 それだけでなく、事態は彼女にとってどんどん悪い方に向かっている。
 だが彼女は泣かない。
 弱音すら吐かない。

 ふと、先程のアイリスの表情がノアの脳裏に過る。
 濃紺の瞳は怒りに満ちて歪み、叫んだ声はこの胸の奥に確かに響き渡った。
 力強く、どこか哀しそうでもあった、あの表情。

「――…あの…」

 先程から、妙な視線は感じていた。
 今、店にはノアとルツキしかいない。
 だが他のメンバー達は、アイリスが出ていった事を騒ぎ立て、密かにノア達の様子を伺っていた。
 それは、本人達もとっくに気付いていたが。

「ちょっといいッスか、ルツキさん…」

 勇敢にも、物影から覗き見ていた集団の中から、ジィトが声を上げたのだ。
 ノアは未だ俯いたままだが、ルツキは無言でこちらに視線を向ける。
 どうやら声を掛けるタイミングは抜群だったようだ、とジィトは胸を撫で下ろした。

「あ、あの…アイリスの荷物なんですが…、何処に置いたらいいッスか?前の部屋はもう使い物にならないんで」

 そう言って掲げられたのは、大きめのショルダーバッグ。
 …荷物も持たずに飛び出すとは、アイリスも随分な間抜けだ。
 ルツキはまたしても溜息をついた。

「…分かりました。私が預かります」

 ジィトは言われるがままノアのいる席に近付き、恐る恐るバッグをテーブルの上に置いた。
 その際、一瞬だけノアに視線を向ける。
 どんな表情をしているのかは分からないが、時折煙草の灰をトン、と落とす仕草をして見せた。
 …不機嫌なのは確かだ。
 触らぬ神に祟りなし。
 自分の役目は終わった、とジィトは踵を返した。

「じゃ、オレはこれで…」

「ジィト」

 ぞくり、と悪寒が走る。
 いつの間にかノアはゆらりと立ち上がり、こちらを見ていた。
 …嫌な予感しかしない。

「は、はい?」

「お前、行ってこい」

 何処に、などと野暮な事は聞けない。
 この状況で使いに出されるのなら、目的は一つしかないからだ。

「オイ、そこらで隠れてるお前らもだ」

 図星をつかれたクロウディ派のメンバー達は一斉に震い上がった。
 だが逃げ出す者など、誰一人としていない。
 寧ろ、そうした行動を我らがリーダーは酷く嫌悪されると、メンバーは全員知っているからだ。
 物影に潜んでいたメンバー達は、物凄い速さでノアの前に整列した。

 ノアは漆黒の瞳をスッと細め、冷徹な視線で全員を見渡した。
 そして、一言。

「行け、同胞ども。必ず連れ戻せ」

「「「は、はいぃっ!!!!」」」

 全員は声を揃えて大きな返事をすると、一目散に店の外へ飛び出した。
 出遅れる者は、誰一人としていない。
 何故なら彼らは、ノアの仲間にして従順な僕(しもべ)なのだ。

「…自分で探しに行かないのですか」

「こんな昼間っから俺が外出歩いたら、大騒ぎになんだろ」

「それもそうですね」

 ただ一人、ルツキだけは呑気にノアの隣で笑っていた。
 彼は、クロウディ派の副参謀。
 唯一ノアと対等の立場にいる者だった。

「ん…?」

 その時、ルツキはアイリスのバッグに視線を向けた。
 僅かに開いたファスナーから、見た事のある物が飛び出している。
 おもむろにそれを取り出してみせると、ノアは不可解そうに顔をしかめた。

「…何だ、そりゃ」

「週刊誌です。ほら、貴方の記事が載っている」

 手渡された雑誌は、随分と古かった。
 発行時期は、2年前。
 栞代わりとしてページの端を折られた記事に、ノアは目を通した。

 『ジルクスの英雄、
   謎の失踪』

「…っ」

 ノアは、動揺を隠せなかった。
 脳裏に蘇るのは、今も鮮明に残る血飛沫。
 見知った者達の、無惨な死に顔――…。

 銃声、が。
 鼓膜を破る。

 悲鳴が、
 血が、
 涙が、


 俺を殺そうと
    襲ってくる…。


「っ…、ざけんなよ…」

 ノアは、手の中の雑誌を思い切り握り潰した。
 彼の静かな烈しい怒りを感じ取ったルツキは、ただ静かに瞳を伏せる。

 するとその時ルツキは、雑誌の間に挟まっている何かを見つけた。

「ノア、ちょっと」

 ルツキは即座に雑誌をノアから奪い、何かの正体を確認する。
 思った通り。
 それは白い封筒だった。

「これはアイリスさんの私物ですよ。無闇に潰さないで下さい」

「けっ、んなモン持ち歩く方が悪ィだろーが」

 悪びれもしないノアを尻目に、ルツキは封筒の無事を確認した。
 そして見てはいけないと思いつつも、その中から一枚の紙を取り出す。
 以前、見せて貰った彼女の探し人の写真だ。

 ――…レックス。
 灰色の髪と瞳を持つ、儚くも美麗な青年だ。
 その柔らかな表情には似付かわしくない、ジルクスの紋章が入っている薄汚れた鎧を身に纏っている。
 彼の両側に写っている友人らしき二人も、同じものを身に付けていた。

 …似てないなんて、我ながら良く惚けたものだ。
 この青年は、こんなにも瓜二つだったか。
 英雄ノア=クロウディに――…。

「ノア」

「あ?」

「レックスという青年を、知っていますか?」

 その突然の問に、ノアは無言のまま思案した。
 暫く考え込んだ結果、静かに口を開き、一言。

「知らねぇな」

「…そうですか」

「そいつ、今はジルクス軍にいねぇんだろ」

 途端にノアは、目付きを変えた。
 野生の鷹が獲物を狙うような、鋭い眼光を見せ付ける。


「もう…――“手遅れ”なんじゃねぇの」

 その言葉の真意を、ルツキはすぐに理解した。
 解っているからこそ、何も言えなくなってしまったのだ。




[*前へ][次へ#]

25/32ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!