[携帯モード] [URL送信]

Re1:The first sign
@




『またお前か!!クソアマッ!!』

 うるさいな。

『我々とて、一度起こしたクーデターからあっさり引き下がる訳には行かないのですよ』

 付き合ってられない。

『見ろよ、中々いい女だ』

 ジロジロ見ないで。

『…レジスタンス組織に女を入れるのですか?』

 入りたくなんか、ない。


『お前…誰?』


「――…っ!!?」

 勢いよく起き上がると、そこは見慣れぬ部屋だった。
 古く狭い個室の小さな寝台の上で、少女――…アイリスは小さく溜息をつく。

「夢…じゃないんだよね」

 悪い夢にうなされてしまった所為で、身体中に嫌な汗をかいてしまった。
 けれどその悪い夢は、全て現実にあったこと。
 平穏だったアイリスの日常は、このジルクスに来てから180度変わってしまったのだ。

「ここは、レジスタンス組織のアジト。そしてあたしは雑用係か…」

 自分で口にしてから、落胆してしまう。


コンコンッ

「…はい?」

 突然聞こえてノック音に、アイリスは恐る恐る返事をした。

「…おはよー…、ございまーす…」

「あんた…!!」

 ゆっくりと扉から顔を覗かせたのは、昨夜彼女に手を出そうとした男。
 身の危険を感じたアイリスは、即座に威嚇するような構えを見せた。

「ま、待て待てっ!夕べは悪かったって!!」

「何しに来たのよ!?」

「ルツキさんに頼まれて、あんたの服を届けに来たんだよ!ほらっ!!」

 勢いよく放り投げられた紙袋を反射的に受け取ったアイリスは、疑わしげに中身を確認する。
 中にはシンプルな黒のパーカ、白いタンクトップ。
 更にはベージュのショートパンツに立派な革のブーツも入っていた。

「…なんで新しい服なんか持ってくるの?」

「あのなー…昨日みたいなダッサい服着て誰かに見られたら、目立つだろ?」

「ダサくて悪かったわね!!」

 都心から離れて住んでいた田舎娘には、若者の流行など全くの無縁だった。

「んじゃ、着替えたら朝メシの準備頼むぜ」

「え、私が作るの?」

「当たり前だろ?ざ・つ・よ・う」

 意地悪な笑みを浮かべる男に、アイリスを思いっきり不快な表情を浮かべる。
 その心情を知ってか知らずか、男は上機嫌に笑っていた。

「んなあからさまにイヤそーな顔すんなって!俺の名前はジィト。よろしくな、アイリス♪」

「…はぁ」

 出来ればよろしくなどしたくない所だが、ここで否定は出来ない。
 曖昧に返事をすると、ジィトは鼻歌を歌いながら部屋を出ていった。
 不自然なほど上機嫌だ。

「…何なの?」

 閉じられた扉をしばし不審そうに見つめた後、アイリスは渡された衣類に手を掛けた。



*・*・*・*



 開店前の酒場には、クロウディ派のメンバーが集っていた。
 人数はおよそ三十名ほどの少人数グループだが、平均年齢も若く勇ましい青年ばかりだった。
 騒がしいその空間に、ジィトは上機嫌に入っていく。

「お、ジィト!どうよー新人の娘の様子は!?」

「やっぱ警戒はしてたけど、ちょっと話せばすぐ打ち解けられそうだぜ♪」

「マジかよ!俺も挨拶しよ!!」

 メンバーは次々とジィトに群がり、噂の新人についてを質問する。

「歳は?いくつだって?」

「まだ詳しく聞いてねぇけど、俺の推測によると十代後半から二十代前半ってとこだな」

「顔は?一番重要だぜ!」

「田舎モンで服装がダサいのを置いとけば、文句なしの美人だ!」

 沸き起こる男達の歓声。
 一人静かにカウンターでグラスを吹いていたルツキは、その騒がしさに苛立ち始めていた。
 するとその時、静かに奥の扉が開いた。

「…おはようございます」

 現れたのは、新しい衣服に身を包んだ噂の新人雑用係、アイリスだった。
 昨日までの彼女とは打って変わり、動きやすさを重視し流行を取り入れた服装は、より女らしい雰囲気を醸し出す。
 皆が見取れているその間に、ルツキは何の動揺も見せずに声を掛けた。

「おはようございます。早速奥のキッチンで朝食の準備を始めて下さい」

 そんなルツキの提案に、アイリスはぎくりと肩を震わせた。

「…あの、私…料理あんまり得意じゃなくて…」

「年頃の娘が何を言ってるんですか。簡単な物で構いませんから、お願いしますよ」

「…分かったわよ」

 渋々、アイリスはキッチンの方へと歩いて行く。
 すると突然ピタリと立ち止まり、ルツキや皆の方に振り向いた。
 その表情は、とても引き攣った笑顔だ。

「…死んでも、恨まないでね?」

「「ちょっと待って下さい」」

 その爆弾発言に、その場にいる全員が制止した。
 目に見えない何かが、彼女をキッチンに入れるなと訴えているように感じたのだ。

「…分かりました。料理が出来ないのは、この際大目に見ます」

「ホント?良かったぁ!」

 途端にアイリスは表情を明るくし、大きく伸びをした。

「良かったー!こんなに大勢の人の命を奪ったら、それこそ軍に捕まっちゃうもんねっ♪」

「………」

 一体、彼女の料理はどのような殺人兵器なのだろう。

「ではアイリスさん、ノアを起こして来て下さい。今日は大事な作戦があるので、準備を整えるように伝えて下さいね」

「作戦?」

「貴女には関係のないものですよ」

 ルツキの少し冷たい言い草にムッとするが、正直な所、関係などこれっぽっちもない。
 連中のしている事や“作戦”について、興味が全くないとは言い切れないが、これ以上、関わり合いにならない事が最優先だ。

「昨日の部屋でしょ?ちゃちゃっと行ってくるわよ」

 去り行く彼女の後ろ姿を、少年達は放心状態のまま見つめていた。
 そんな腑抜けた彼らを正気に戻す為に、ルツキは声を荒げる。

「いつまでボケッとしているつもりですか?貴方達もさっさと支度に取り掛かりなさい!」

「えっ…俺らの朝食は?」

「見て分かりませんか?私は開店準備で忙しいんです。食べたければ何処かで調達して来なさい」

 ルツキはそう言って、この上なく恐ろしい笑顔を浮かべる。
 少年達は「はい…」と素直に返事をする事しか出来なかった。



.

[*前へ][次へ#]

12/32ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!