鋼の錬金術師(ロイ×エド ※死ネタ)
忍び寄る影

蒸し暑い日が続いたある日のこと

その日、ロイは朝目覚めてから頭が痛く気分も悪かった

正直休んでしまいたかったが、大佐という立場、それにただでさえ大量の仕事を抱えている部下にこれ以上仕事を増やしてはいけないと、仕方なく重い身体を引きずって東方司令部へ向かったのだった
 
「少し早く着きすぎたな」

そう呟きながら自分の机に歩きかけたその時―――‥

「・・・ぐっ」

突然激しい頭痛と目眩がロイを襲った
 
倒れそうになる身体を必死でこらえながら、隣の仮眠室のソファーへ横になった

先程よりは少し落ち着いたものの、ロイは今だに襲ってくる頭痛と目眩に顔を歪めた

原因を考えたが心当たりもなく結局“ここのところの暑さと疲労で参っているんだろう”と結論づけた





10時になっても起きてこない自分達の上司に半ば呆れながら、有能な部下達は山積みになっている仕事を黙々とこなしていた

いい加減痺れを切らしたのか、リザが仮眠室の扉を叩く

「大佐、失礼します」
 
中ではソファーに横になって眠るロイの姿があり、リザは側に寄り声を掛けた

「大佐、起きてください、そろそろ仕事をして頂かないと困ります」

リザの声にロイが目を覚ます
 
「ん・・・ああ、おはよう」

「どこか具合でも悪いのですか?」

リザの問いにロイは心配をかけないように平然と答えた

「いや、少し早く着きすぎてしまったのでね、横になっていたら眠ってしまったみたいだ。すまなかったな」

リザはいえ、と一言返事をして部屋から出ていった





「やあ、おはよう。すっかり寝坊してしまったみたいだ、すまなかったね」

わざとらしく爽やかに言ってやれば、途端に皆の冷たい目と、この忙しいのにいい加減にしてくださいよーと言うハボックの声

それに苦笑しながら席に着くと書類に目を通し始める
 
しかし、時々視界がぼやけ思うように進まない

気を抜けば倒れてしまいそうになる身体を気力で持たせ仕事をしていたが、段々と酷くなる頭痛と目眩に流石に耐えられなくなったロイはペンを置いた

「すまないが、少し疲れているので仮眠室で休む。今日中のものは片付けたが、何かあったら起こしてくれ」
 
そう言ってふらつく足取りで仮眠室へ行くロイをリザが支える

「ああ、ありがとう」

「大佐、大丈夫ですか?病院に行かれた方がよろしいのでは?」
 
「いや、大丈夫だ。少し頭が痛くてね・・・疲れているんだろう、最近は暑いからな」

リザはロイの上着を脱がせてソファーに横にならせると、水と薬を用意した

「何かあったら呼んで下さい」

「ありがとう」

よく気がつくリザに感謝しながら、ロイは薬を飲んで再び横になった
 
 




あれほどあった書類の山も夜8時を過ぎた頃にはほとんど片付いており、ハボック達は帰り支度を始めた

「大佐、大丈夫ですかね」

「後は私が見ておくわ、皆は帰っていいわよ」

リザの言葉に皆は口々にお疲れ様でしたと言って帰っていく
 
リザも帰ろうとロイの眠っている仮眠室へ入る

元々目が覚めていたのか、リザが入って来たので目が覚めたのかは分からないが、リザが側まで来るとロイは身体を起こしソファーにもたれた

「お身体の具合はどうですか?」

リザの問い掛けにロイは大丈夫だ、と短く答える
 
「そうですか、では私はお先に失礼します」

早めに病院に行って診てもらって下さいね、と心配そうに言うリザにロイは「ああ、近いうちに行くよ」と微笑んだ

その顔に何故か一抹の不安を覚えるリザだったが、そのまま静かに頭を下げ扉を閉めた






一人になったロイは今までの事を思い起こす





軍人になった日のこと、


イシュヴァール戦のこと、


そこで死んでいった多くの仲間達のこと、
 
上を目指すという自分に着いて来てくれた部下のこと、

自分の支えになると言いながら自分を置いて死んでしまったかけがえのない友のこと、

そして、元の身体に戻る為旅を続ける兄弟のことーー・・
 



 
ロイは何故か急にエドワードに会いたくなった

彼等は今ちょうどこっちに帰って来ており、近くの宿で泊まっているはずだ

ロイはその宿泊先に電話を掛けた





ロイが電話を掛けると明らかに不機嫌そうなもしもし、と言う声が返ってきて思わず苦笑してしまった

「やぁ鋼の、元気かい?」

「何の用だよ」

「実は渡したいものがあるんだ。今すぐ司令部まで来てくれないか?」

ロイの突然の言葉にエドワードは驚く

「はぁ!?今すぐって何時だと思ってんだよ、明日でいいだろ?」

「いや。今すぐにだ」

「ちっ、命令かよ」

「・・・ああ。そうだ」

その言い方に少し寂しそうにロイは答える

「分かりましたよ、大佐殿!」

そう言ってエドワードはガシャンと電話を切った





エドワードが司令部に着いた頃には21時を回っていて歩いている人もまばらだった

司令室に入ると、電気は着いていて荷物はあるのだが、肝心の本人が居ない

「ったく大佐のヤロー、人を呼び出しておいて何処に行ったんだよ」
 
ブツブツ文句を言いながら仮眠室のドアを開けると、薄暗い部屋で月明かりに照らされたロイが窓の外を眺めながら座っていた

その姿に一瞬見とれていたエドワードだったがロイの言葉に我に返る

「こんな時間に呼び出して済まなかったな」
 
「何の用だよ」

刺のある言い方にロイは苦笑する

「君は私のことをどう思っているのかね?」
 
問いかけたロイの表情に気付かないエドワードは日頃の嫌味の仕返しだと言わんばかりに答える

「いつも透かした面して嫌味ばっかで女たらしで、何かと言えば秘密をバラすと脅してこき使いやがって、アンタなんか嫌いだね!」

そこまで言ったところでしまった、言い過ぎたと後悔した
 
実際、エドワードは口で言う程ロイの事を嫌ってもいなかったし、今まで面倒を見たり助けてくれたことに感謝もしている

それにこんな事を言ったらロイの事だ、後で何を言われるか・・・

エドワードはそんな事を考えながら、後悔にとらわれていると意外にもそうか、と一言返ってきただけだった

「私は結構君のことを気に入っていたんだがね」
 
ロイの表情が傷付いたように見えたのは気のせいではないだろう

「ああ、やっぱ今の無し!嫌いって言うのは言い過ぎた。別に俺はあんたのこと嫌いじゃないし、何だかんだ言っていつも助けてくれることにも感謝してる」

今までロイのそんな表情を見たことが無いエドワードは慌てて弁解をする

「そうか」

エドワードの様子がおかしかったのかロイはくすりと笑った

そして少しの間の後、真面目な顔でエドワードの名前を呼んだ

「エドワード、君に渡しておきたいものがある」
 
普段呼ぶことのない名前と改まった言い方に思わず身構えるエドワード

「まだ途中だが私が集めていた賢者の石とホムンクルスの情報だ、持っていくといい」

そう言って机の鍵を渡した

「えっ?渡したいものってそれ・・・?あ、ありがと」

なぜ急にそんな事を言うのか気になったエドワードだったが内容が内容だ、すぐに鍵を受け取り部屋を出ていった

その姿を見送ったロイの目は優しく微笑んでいた





資料をその場で暫く読んでいたエドワードは、細かく調べられているその内容に驚いた

エドワードはロイに礼を言うため仮眠室へ戻った

「大佐、サンキューな!大佐?なんだ寝てるのか」
 
ロイはソファーに横になって眠っていた

「よっぽど疲れてんだな・・・」

側まで行って寝ているロイに上着を掛けようとしたエドワードの手がピタリと止まった





横たわるロイは



息をしていなかった――‥





「大、佐・・・?おい!嘘だろ!?何かの冗談だよな?大佐?目開けろよ!大佐!!」

エドワードがどんなに呼んでもロイが再び目を開けることは無かった・・・





あの後、

エドワードが部屋を出ていくのを見送った後、ロイは突然頭の割れるような激しい痛みに襲われた

「ぐっ・・・うっ・・・」





そしてーー‥





ソファーに倒れ込んだ・・・





薄れゆく意識の中、頭をよぎったのはエドワード達兄弟のこと



いつの日か自分の身体を取り戻し幸せになれるようーー‥



そのままロイは眠るように息を引き取った





fin.
 
 


[*前へ][次へ#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!