鋼の錬金術師(ロイ×エド ※死ネタ)
HEAVEN(HEAVENの歌詞に沿って)

『鋼の錬金術師 エドワード・エルリックに北部国境線への出兵を命じる』

彼のもとに大総統から一枚の書面が届いた

それは戦地への出兵命令だった――‥





「怖いか?」

「いや、国家錬金術師の資格を取ったときから覚悟はしてたし・・・平気だって」

私の問いかけに彼はそう言って笑った

「無理をするな」

「無理じゃねぇ!確かにちょっと怖いけどここで逃げる訳にはいかないんだ、アルと2人で元の身体に戻るって約束したから。それにアンタも行くんだろ?だったら俺は前に進む、アンタがいるなら怖くないから・・・」

「そうか…分かった。なら、今晩一人で私の家に来なさい。餞別をあげよう」





夜、家に来た彼と一緒に食事をし、他愛もない話をし、そしてたくさん愛し合った――‥





戦場に行って人を殺すと、まともな人は精神を病んでいく・・・

食事が喉を通らなくなり、夜も眠れない日々を過ごす

そんな時、心の寄り処となるのは温かい記憶だ

“愛された”という記憶と感じた温もりが心の支えとなる


今はゆっくりとお休み、エドワード――‥





「しかし凄いよな、さすが国家錬金術師。特にあの鋼の錬金術師、まさに人間兵器だな」

戦場での彼の働きは見事だった

皆が彼のことを褒め讃え、そして恐れた





「大佐、大変です!エドがっ!」

その知らせを持ってきたのはハボックだった

「鋼のがどうした!?」

「大将が敵の銃弾に当たって大怪我を――‥」

「何!?場所は何処だ!!」

「B地区の13です」

B地区ならすぐ側だ、私はテントを飛び出し無我夢中で走った





「鋼の!大丈夫か!?しっかりするんだ、鋼の!!」

「・・・大、佐・・・」

私の呼び掛けに彼はうっすらと目を開けて微笑んだ

そして血に濡れた手を真っすぐ私の方へと伸ばす

私がその手を取って握ってやると、鋼のは安心したように目を閉じ静かに息を引き取った――‥





最後に君が微笑んで真っすぐに差し出したモノは、私にはあまりにも綺麗で眩しくて、堪え切れず涙が溢れた

私達はそれぞれの行く先を、目的を、そして互いを探し合って、時に自分を見失いもした

それでもやがて見つけ合えたのなら、この先どんな結末が待っていても、それを運命と呼ぶ以外他には無いのだろう



君が旅立ったあの空に優しく私を照らす星が光った

あれはきっと君なのだろう、鋼の――‥





側にいてくれ、愛する人よ

時を越え、形を変えて、例えこの世で離れても

2人のまだ見ぬ未来がここに、残っていると信じて・・・

来世でも、きっとまた君と――‥





鋼の、私の中で君は生き続ける

だからこれから先もずっとさよならは言わない

あの日きっと私達は本当の意味での“愛”に触れたのだから――‥





fin.


[*前へ][次へ#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!