鋼の錬金術師(ロイ×エド)
風邪

「38度5分…完全に風邪を引いたな…コホッ」


ロイは一人呟くとベッドに横になる


朝から頭は痛いし、身体はだるい、気分も悪く、最悪な日だと思うロイだった


司令部に電話を掛けても忙しくて構っていられないのか、リザが「そうですか、お大事に」と素っ気なく答えるだけだ


ロイは一人暮らしの為、こんな時に身の回りの世話をしてくれる人もおらず、全部自分でやるしか無い


一日横になって休んでいれば治るだろうと思い、水と薬を持ってベッドに戻った
 
 
薬を飲もうと説明を読むと、そこには“食後”の文字が…





      …やめた。



さすがに今から食事を作って食べる元気は無く、仕方なく薬を飲むのを諦めて横になった
 
 







東方司令部――‥


コンコン     ガチャ


「大佐いるー?」


エドワードが報告書を持って顔を出した


「あら、エドワード君こんにちは。大佐なら今日は風邪を引いて休んでいるわ」


「えっ、風邪?」


「そうなのよ。悪いんだけどエドワード君、報告書を出すついでに大佐の様子を見て来てくれないかしら?」


リザの申し出にエドワードは「何で俺が…」と言いかけたが、普段の仕返しに風邪で弱っている大佐を笑ってやろうと思い、いいよ、と答えて教えられたロイの家へ向かった







一方、リザから突然電話で「今エドワード君が報告書を持って大佐の家へ向かいましたんで」と言われたロイは焦った


こんな状態のところをエドワードに見られたら何を言われるか分かったもんじゃない、散々嫌味を言って笑うだろう


それだけはどうしても避けたかったロイは、熱のせいで思うように動かない身体を動かし、パジャマからシャツとズボンに着替え、軽く髪をセットして、2人分のお茶を用意した


すると丁度よくエドワードの来訪を知らせるチャイムが鳴ったので、玄関へ向かおうとしたロイは軽い目眩に襲われる


フラッ――‥


「ッ…ゴホッ…ゴホッ…ちょっと無理をしすぎたか、熱が上がってきたみたいだ」
 
 
自分の額に手を当てるとさっきより熱く、息も苦しい


しかし玄関の前まで来ているエドワードを放っておく訳にもいかず、ロイは玄関の扉を開けた


「やあ、鋼の」


平然とそう言ってやれば、待ってましたとばかりに意地の悪い笑みを浮かべて聞いてくる


「大佐、風邪引いたんだってー??」
 
 
その態度に少しイラッとしてロイも言い返す


「ああ、君は“アレ”だから風邪を引かないのか」


エドワードはロイの言いたいことに気付くと「誰がバカだって!?」と怒りだす


「おや?私はアレと言っただけで“バカ”とは一言も言ってないが?」


「っ!!」


悔しそうに自分を睨み付けるエドワードに思わず笑いがこぼれそうになる


「立ち話もなんだから上がっていくと良い、お茶でも出そう」


エドワードは一瞬迷ったが思ったよりロイの具合が良さそうなのと、何よりロイの家を見てみたいという好奇心から中に上がることにした


「ところで大佐、これからどっか行くのか?」


いきなりの質問に訳が分からぬままロイは答える


「いや、何処にも行かないが、どうしてそんな事を聞く?」
 
 
「じゃあ何でちゃんとした服着てんだよ、普通具合悪くて寝てたんならパジャマとかじゃねぇのか?」


エドワードのもっともな問いに苦笑する


「それはそうだが…まさか客人をパジャマ姿で迎える訳にはいかないだろう」


そういうものなのか?と不思議がっているエドワードを置いてロイはキッチンでお茶の用意をする


平気そうにはしているが、実のところ、今のロイは熱もだいぶ高くなってきており、寒気や目目眩などで立っているのがやっとの状態だった


しかし、エドワードが帰るまでは、となんとか気力で耐えていたのだ
 
 
エドワードに渡された報告書も目は通しているが、視界がぼやけて何が書いてあるのか分からず、エドワードの報告もよく聞き取れない





次の瞬間――…





「大佐!!」


ロイの身体が傾いた


エドワードは倒れる寸前でなんとか受け止めるが、その身体は熱く、ロイの熱の高さを表していた
 
 
「――ッ…馬鹿野郎!!ひどい熱じゃねぇか、何で黙ってたんだよ!」


ロイはエドワードの大声に頭を押さえる


「鋼の…もう少し、静かにしてくれないか…ハァハァ…それに…上官に向かって馬鹿野郎とはなんだ…ッ」


エドワードは目の前で苦しそうにしているロイの姿を見て、そのことを言わないロイにも腹が立ったが、それに気付けなかった自分にもっと腹が立った


「とにかくベッドまで運ぶぞ」


そう言ってエドワードはロイを支え一歩ずつ歩くが、その小さな身体で大の大人を支えるのは想像以上に大変で、ベッドまで運ぶのに30分近くかかってしまった


ロイをベッドに横にならせるとしばらくして静かな寝息が聞こえてきた


エドワードは飲み水、洗面器、タオルなど必要な物を用意してロイの寝ている部屋に戻る


寝ているロイの額に手を当てるとかなり熱く、相当無理をしていたことが分かる


寒くないよう布団を被せてやり濡らしたタオルを額に当てるがそれも10分としないうちに取り替えなければならないぐらいだった


それでも5、6回取り替える頃には熱も少し落ち着いたみたいだ







「ん…鋼…の?」


しばらくして目が覚めたロイだったが、いまいち状況が掴めない


順に記憶を辿り、ハッと思い出して身体を起こす


途端に急激な目眩に襲われ後ろに倒れそうになるが、エドワードが咄嗟に支えたおかげでそうはならなかった


意識が朦朧としているロイに、大丈夫か?と聞きながらエドワードが水を差し出す


ロイは丁度喉が渇いていたので差し出された水を2、3口飲んだ


ゴクン  ゴクン――‥


「…ッ…ゴホッ…ゴホッ」


激しく咳込んで手に持っていたコップの水が少しこぼれるが、それをエドワードが手早く拭く


そして咳込むロイの背中をさすりながら、大佐って案外世話掛かんのな、っと困ったように笑った


「そういう君は随分慣れているな」


やっと落ち着いたロイは不思議に思ってエドワードに言う


「アルが小さい頃、風邪引いたときによく面倒見てたからな…それより具合はどうなんだよ?」


「ああ、だいぶ楽になった。すまなかったな…もう帰っていいぞ」


ロイの言葉にエドワードは不機嫌そうに言う


「…やだ」


「?」


「このまま置いてったら大佐、野垂れ死にしそうだし…それに折角ここまで面倒見たのに途中でやめたら気分が悪い」


予想もしなかった、でもエドワードらしい答えに思わず苦笑するロイだった
 
 
すると突然エドワードが、それより熱はどうなんだよ、と言ってロイの額に自分の額をくっつけた


驚き固まったロイを見て、エドワードもハッと気付く


「あっ悪ぃ、つい癖で…」


そう言って慌ててくっつけていた額を離すと、今度はロイの額に手を当てた


「まだ結構あるな…とりあえずパジャマに着替えろよ、その恰好じゃ余計苦しいだろ」


エドワードが畳んで置いてあったパジャマを差し出す


シャツを脱いだロイの身体は余分な肉がついておらず鍛えられていた


思わずジッと見つめるエドワードの視線にロイが気付き手が止まる


「鋼の…あまりジッと見られると着替えにくいのだが…」


「ああ、悪ぃ…でも大佐ってさー、まつげ長くてキレーだし身体だって鍛えられてて、黙ってれば恰好良いのにな」


あっ、でも男に言われても嬉しくないか、と笑いながらロイの顔を見ると少し赤くなっていた


それが熱によるものなのだと思っていたエドワードだったが、その実意外にもロイは照れていた


「あっ、いや…その…褒められて悪い気はしない///」


今までに数多くの女性から言われ慣れているであろう言葉だったのだが、今のロイにはそれだけ言うのが精一杯だった







「ところで薬は飲んだのかよ?」


服を着替えたロイにエドワードが封を切っていない薬の箱を指差して聞いてきた


「…いや…飲んでいない…」


ロイの答えに案の定エドワードの怒鳴り声が…









聞こえてこない?


不思議に思って顔を覗き込むと明らかに怒っていた


エドワードは怒鳴りたいのを必死で堪え静かに聞いてきた


「何で飲んでないんだよ、薬飲まなきゃ治るもんも治んねぇだろ」


(静かに怒るエドワードはそれはそれで怖いのだが…)


しかし、ロイはエドワードが自分を心配してくれてるのが嬉しかった


薬を飲んでない事を怒ったのもそれを怒鳴らず我慢したのも、全部ロイを心配しての事。
自然と頬も緩む


「薬に“食後”と書いてあったからな、飲むのをやめたんだ」


「じゃあ、飯も食ってねぇのかよ?」


「ああ、食欲があまり無かったのでな…自分で作ってまで食べる気になれなくてゞ」


「何か食わねーと体力つかねぇし、薬も飲めねぇじゃんか。お粥作ってくるから少しだけでも食べろよ」


そう言ってエドワードは部屋を出て、30分ぐらいでお粥をお盆に乗せて持ってきた


「お粥食べれそうか?」


心配そうにエドワードが聞いてくる


正直、ロイはまだ熱が高く、食欲も無かったが、折角エドワードが自分の為に作ってくれたので有り難く頂くことにした


「ああ、頂くよ」


そう言って身体を起こすとホッとしたように側に来てロイが起き上がった状態で食べれるようにお盆を布団に置いた
 
 
パクッ


「美味しいな」


スプーンですくって一口食べると、ご飯の固さも塩加減も丁度良く、とても美味しかった


ロイの言葉にエドワードも嬉しそうだ


「あんま無理して食べなくて大丈夫だからな?」


半分くらい食べたところでペースが落ちてきたロイに気付き、エドワードが声を掛ける


「ああ、すまない。本当はもう少し食べたいのだが、少し眠たくて…」
 
 
「じゃぁ、寝る前に薬だけ飲んで寝ろ」


本当は食べてから30分ぐらい経ってから飲ませた方が良いのだが、目の前のロイは既に半分眠っている状態で…


薬を飲ませて横にならせると5分もしないうちに眠ってしまった


エドワードはその後、食器を片付け、まだ熱の下がらないロイに一晩中付きっきりで看病した








「ん…鋼の?」


朝、ロイが目覚めると布団にもたれ掛かってエドワードがすやすやと眠っていた


自分の額に手をやってみると熱は下がっており、身体の怠さも消えている


きっと目の前で気持ち良さそうに眠っている子供が夜通し看病してくれたのだろう


ロイは優しく微笑みながらエドワードの髪にそっと口づけ、ありがとう、と呟いた






            fin.
 
 


[*前の小説へ][次の小説へ#]

2/25ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!