[携帯モード] [URL送信]

図書委員長とおれ


「潤ちゃっ…はっ…じゅ、潤ちゃん!!」
「はーいはい、聞こえてるって…」


あの後、そのままの勢いで校門を通り、家まで走って帰ってきた。そして、帰ってきて早々、部屋に駆け上がって、窓へ直行。

潤ちゃんの名前を呼びながら、すぐ目の前にある潤ちゃんの部屋の窓に手を伸ばして、何回か軽く叩けば苦笑混じりにお出迎えしてくれた。

走ってきたから、息も上がっていて少し苦しいし、汗で肌に張り付いたシャツが気持ち悪かったりする。だけど、そんなのも全部気にならないくらい嬉しい気持ちでいっぱいだ。

窓から身を乗り出して、潤ちゃんの部屋に入る。その際に、優しく吹いた夜風が火照った体に気持ち良かった。俺達は、生まれた時から隣同士でこうして昔から窓からお互いの部屋に行き来している。

だから、潤ちゃんも俺の行動に別段気にした様子もなく、そのまま部屋に招き入れてくれる。


「ん」
「ありがと」


潤ちゃんがタンスから取り出してくれたタオルを受け取って、額と首周りの汗を拭く。ベッドに座るように促され、汗で汚れるかもしれないと戸惑っているば、いいから気にするな、と強制的にベッドに座らされた。

それから俺の息が整った頃を見計らって、潤ちゃんが声を掛けてきた。


「…で?」


潤ちゃんは、ニヤニヤと楽しそうに笑って脚に車輪がついた椅子の背もたれを前にして座っている。俺が話だそうとすると、潤ちゃんに遮られた。


「潤ちゃ…「…で、何があったんだ? チューでもしちゃった?」…へっ?!」


ニヤニヤと面白そうな笑みを浮かべられ、からかわれる。その言葉に驚いて、慌てて否定する。


「なっ…違うよ!!」
「真っ赤になっちゃって〜。説得力ないぞ?」
「違うってば!」


必死に否定している俺にコロコロと椅子ごと移動してきた潤ちゃんは、心底楽しそうに真っ赤になっているだろう頬をツンツン突っついてくる。
違うって言ってるのに…!










[*前へ][次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!