[携帯モード] [URL送信]

君の恋人



 「いや〜、やっぱり俺はミナちゃんみたいな純粋そうな女の子が好きだな」

そう、さも当然かのように言い出したのは
僕の恋人である拓だった。

 僕が拓の恋人になってまだ少ししか経っていないのにこんなことを言うなんて、本当
拓は無神経だなって改めて思う。

 「なんで、そういうこと僕のすぐ近くで言うかな...」

そんな拓に呆れて、ボソッと誰にも聞こえない様な声音で不満を呟く。

僕はこんなにも君のことを愛しているのに...。あぁ、それともまだまだ僕の君への愛が足りないのかな。
だから拓は僕が近くにいることも気にしないで、そんなことを言うのだろうか...。

どうしてだろう、その疑問は僕の頭から中々消えず、結局クラスに戻り授業が始まってからも僕はずっとそのことばかりを考えていた。


放課後、拓が部活へ行ったので僕は1人寂しく帰り道を歩いていた。

「あ、あの...」

すると声を掛けられ、何だと思い後ろを振り向けばそこには1人立ちすくんでいる女の子がいた。
その時僕はその子の顔を見てあることを思い出した。

「あ、えーと..私、派野君と同じ2年で隣のクラスのミナっていうんだけど、」

あぁ、やっぱり...拓が今朝言ってた女の子だ。
途端僕の気分は底まで下がる。

「...で?」
「その..わ、私、派野君のことが好きで、よかったら付き合って欲しいのっ!」

顔を真っ赤にしてそう言った目の前のミナという女の子。

だけどその時僕にあったのは、疑問だけ。
一体君は何を言っているの?

「僕と?」
「う、うん!私のこと知らないかもしれないけど...」

あぁ、確かに拓が君の話をするまで僕は君のことを知らなかったよ。
と、いうより今朝君の顔を知ったぐらいだ。

黒い綺麗な髪。ショートボブで大きな瞳に小さな身長。感情が表にでやすい純粋そうな子。間近で見てわかったことはそのこと。

拓はこんな感じの子が好みだったのか。
心の中で嫉妬という名の黒い塊が現れる。

「ごめん、僕付き合ってる人がいるから」

「そう、なんだ。...それは残念だな。」そう言いながらショックだったのかその子はうな垂れ下を向いたまま動かなくなってしまった。

あぁ、面倒くさい。どうしてこんなところで立ち止まるかな。もう、帰ってしまおうか。

「じゃあ、これからは...友達としてよろしくね。よかったらいっぱい話とかしたいな」

仕様がないから帰ろう。そうしようとした時その子は小さな声でそう僕に言ってきた。

だけど僕はうん、とは言わない。だって君は拓に良く言われてたんだ。僕はそんな君が大嫌い。
話したくないし話すこともない。

「ごめんね、それは無理だな。話はそれだけ?それなら僕はもう帰るから」

僕がそういうとその子は顔を一度も上げることなく後ろの方へ走り去ってしまった。
走り出す直前のその子の肩は震えていたから、多分泣いていたんだと思う。

まぁ、そんなの僕には全く関係ないけど。
そもそも、拓以外の人間の涙なんてただの液体としか捉えられないし。

もし、目の前で拓が泣いていたら...

「あぁ、ダメダメ。そんなの堪えられない」

拓が泣いている姿を想像しただけで気が狂いそうになる。
僕、好きだ...本当に拓が好き。そんな拓に何かあったら...。僕は身震いしてしまった。



[*前へ][次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!