[携帯モード] [URL送信]

それは幸福
愛情


 「またこのパターンかよ、マジでありえねぇ」

 夜も遅い時間、宿泊ホテルの廊下にて。春臣に肩を貸してもらいフラフラと歩くのは酔いがまわり顔を赤く火照らせた千晶であった。
 何ともデジャブな感覚に身の内からは苛々が込み上げてくる。

 「お前、部屋どこだよ」

 「俺のへや、とおい...はるおみんとこで寝る」

 「...最悪」

 やや呂律の回らない舌足らずな話し方が妙に癪に触る。こちらの拒否権が無いのをいいことに自由奔放過ぎではないだろうか。

 しょうがない、と春臣は自身の部屋へとトボトボ連れて歩いて行った。
 
 「寝る支度だけは自分でやれよ。」

 シャワーを浴び終えた春臣は歯を磨きながら椅子でウトウトとしている千晶を小突く。
 いくら顔が綺麗でも小汚い男と共に寝るのだけは勘弁して欲しかった。

 「なんで、はるおみいるの」

 「俺の部屋なんだから俺がいて当たり前だろ。お前がここで寝させろって言うから嫌々連れてきてやったのに」

 ぶつぶつと小言を言うが耳に入っているのかいないのか、特に返事がないまま千晶は立ち上がるとシャワーを浴びに行ってしまった。

 「本当勝手な奴...」

 最近の若者は〜というほど自分が老けているとは思わないが、あまりにも会話のコミュニケーションが乏しいのではないだろうか。
 別にニコニコ楽しく会話がしたいわけではないが、質問に答えたことに対して返事くらいしたらどうだろうかと思えてならない。
 ふと、こんな時誠太なら1の返答に対して10で更なる質問が返ってくるだろうな、と考えてしまった。

 ― そういえば誠太からはあれ以来何もないな。

 長期ロケで離れているからかもしれないが、あの誠太なら週末に会いに来てもおかしくないと思っていた。
 自分が言うのもなんだが、それだけ誠太は春臣信者であり、しつこい追っかけでもあったのだ。
 それがこの長期間、まるで音沙汰無しとくれば...考えれば考えるほど恐ろしい思惑しか思いつかなかった。

 「あぁ...帰りたくない」

 寝支度を済ませた春臣は部屋を薄暗くしてベッドに横になった。
 早く前のような生活に戻りたい。千晶とも誠太とも離れ、京太とぬくぬくしながら好きな俳優の仕事もして...そして、

 段々と遠のいていく意識。

 その時、意識の端でギシリ、とベッドが軽く軋んだ。

 「春臣...」

 シャワーを浴びて酔いが覚めたのかいくらか元に戻った調子の千晶の声。

 「もう寝たの」

 さらり、と髪を撫でられるとそのまま頬を冷たい指が触れ、反射的に体がびくついた。

 「冷たい」

 反動で遠のいていた意識は再びこちらに戻ってくる。
 背中側にいた千晶は手を引くとそのまま布団の中に入ってきた。

 「同じ髪の匂いがする」

 スン、と近づく息遣い。春臣の髪の匂いを嗅ぐ千晶はボソリと呟いた。

 「同じホテルのシャンプー使ってるんだから同じ匂いがして当たり前だろ」

 急に何を言い出すのかと、内容が内容なだけに僅かに鳥肌が立つ。

 「ここも、同じ匂い」

 「...っ!やめろ、そんなとこ匂い嗅ぐなよ。気持ち悪い。お前まだ酔ってんじゃないの」

 今度は首元の匂いを嗅がれる。
 ぞわりとして、今度は完全に全身の鳥肌が立った。
 そうしているうちに、じわりじわりと密着してくる体。

 「春臣あったかい」

 背中側から手が伸びてきて抱きしめられる。大して身長差があるわけではないがやや春臣の方が背が高く体格がいいため腕の中にすっぽりは収まらない。そして女のように柔らかいわけでもない。
 しかし、千晶は満足したのかそのまま寝息を立て始めた。

 そんな中、春臣は盛大なため息を吐いた。
 嫌いな、しかも自分と同じ男に抱きしめられて寝なくてはいけないなんて最悪過ぎる。
 
 他人の体温が気持ち悪い。

 まるで悪夢としか言いようがなかった。


 ――

 ――――

 ――――――


 撮影が終了し、家に帰宅するようになってから数日。
 ある時は数少ない休日に、
 
 「春臣、買い物ついてきて」

 またある時はテレビを見て何気なく言った春臣の言葉を聞いて、

 「春臣、これ食べたいって言ってたから作った」

 そしてしまいには自身の部屋に居座り、

 「春臣の部屋物がないから読書に最適なんだよね」

 特徴的な猫目を笑ませ、したり顔で春臣の部屋の椅子を占領する。

 千晶の春臣への対応は依然として異様なものであった。
 毒を吐くのは変わりなく、こちらからのアクションに対しての反応が塩対応なのも変わらない。しかし、それ以上に千晶から春臣への絡みが多いのだ。

 つい先日までの復讐の影は見えず、こちらが思わず忘れてしまいそうになるほどだった。
 ここまでこの異様な日が続くと考えることは一つ。

 ― もしかしたら、もしかするんじゃないか。
 
 千晶が自身に好意を抱いているという仮定を。

 「千晶、前から思ってたけどお前使ってるシャンプーいい匂いするよな」

 目の前で読書をする千晶の邪魔をするようにして、その柔らかな髪を一束掬うとスン、と匂いをかいだ。
 別段、千晶の髪の匂いなど考えたこともないが自身に好意を抱いているかどうかの反応を見るにはいい絡みであった。

 「...っ、急に何。」

 「ビックリした?お前顔赤いよ」

 春臣の言葉で千晶の顔は更に赤くなり、まるで茹で蛸状態だ。
 こいつは今までこんなにわかりやすいやつだっただろうかと思ったが考えてみればそれ以前にまず、こんな風に関わったことがなかったからわからない、ということに気がついた。

 それにしても...勘は当たりじゃないだろうか。

 それにそうだと仮定すれば今までの千晶の行動の謎もすべて解かれていく。

 ― これは利用できる。

 春臣は心の中でほくそ笑む。
 これを上手く利用すれば自分は晴れて自由の身だ。

 千晶がいつから自分に好意を抱き始めたのかはわからないが、そんなことは考えたところで無駄だ。

 ― 可愛がってやるからちゃんと俺のために“お仕事”してくれよ、千晶。

 すぐに春臣の頭の中を占領するのは千晶を利用して自由を手に入れるまでのシナリオであった。
 全て片がついたら逆に弱味を握ってこの家からも追い出して今度こそさよならだ。

 蔑んだ目をした春臣は千晶の後ろ姿を冷たく見据え、心の中で毒づいた。




 「春臣君久しぶり!ずっと会えなくてすごく寂しかったよ」

 それは翌日のこと。久しぶりの再開を果たした誠太は爽やかな笑みを浮かべたまま春臣に抱きつく。
 春臣よりも背が高い目の前の男は嫌がる素振りに気付かないふりをしているのか、はたまた気付いていないのか、中々春臣を抱きしめた手を離そうとはしない。

 「いい加減離せ、煩わしい」

 「そんな嫌がらないでよ、春臣君。昔は僕から抱きついたらすごく喜んでくれてたでしょ」

 「...っ!」

 離れ間際、誠太は耳元でそう囁くと春臣の頬をべろりと舐めた。その瞬間ぞわりと全身の鳥肌が立つ。
 服の袖で舐められた箇所をすぐさま拭えば「春臣君かわいい」と誠太は満足気に笑った。

 「今日は急にどうしたの、来るなんて言ってなかったじゃん」

 誠太の分の飲み物を持ってきた千晶はそれを机の上に置きそのままソファに座る。

 「だって言ったら千晶、春臣君外に出しちゃうんだもん」

 「別にお前が来るのに合わせて春臣を出してるわけじゃないし」

 誠太の発言に一瞬固まる千晶だが、目線はテレビに向けたまますぐに感情の読めない口調で返答する。

 ― てか、たまに家から出されてたのって誠太が家に来る時だったのか。

 春臣はその事実を知り驚く。まるでそれでは千晶が春臣のことを誠太から守ってくれていたようではないだろうか、と。

 いつも千晶に追い出されるようにして外へ出されて苛々していたが...

 ― 可愛いことするじゃん。ちゃんと“仕事”をしてくれてたんだ。

 春臣は心の中で嘲笑う。
 あくまでもシラを切る千晶の様子に誠太は僅かにムッとした表情をした。

 「千晶、今更元になんて戻れないんだよ。お前、春臣君に何したか忘れたわけじゃないんだろ」

 「っ、やめ...」

 誠太は春臣の腰を乱暴に引き寄せると空いた手で首筋を撫でそっと口付けてくる。
 思わず息をのむ春臣だが、次の瞬間には違う男の胸に抱かれていた。

 「ちあ、き...」

 「この家で変なことしないでくれる。父さんが帰ってきたら面倒なことになるから」

 「...随分ムキになるんだねぇ」

 「お前こそ、人の家で少しは自重したら」

 春臣を間に誠太と千晶の雰囲気がどんどんと険悪になっていく。そんな中ただ1人、春臣だけは笑いを堪えるのに必死になっていた。
 まるでこれでは自分がお姫様か何かにでもなった気分だ。

 ― そもそも俺はどっちも嫌いだっつーの。

 誠太に抱き寄せられるのは嫌だが、だからといって千晶に抱き寄せられるのは平気というわけではない。嫌なものは嫌だ。

 「あんたも少し無防備過ぎなんじゃないの」

 千晶はそう言うと春臣を一瞥してそのまま解放する。
 無防備も何も反応する間がなかったのだから仕方がないのでは、と思ったがここは喉まで上がってきた文句をグッと飲み込んだ。

 「...気をつける」

 「へぇ、珍しく素直だね。少しは俺の意見を聞く気になったんだ」

 春臣の素直な反応に、千晶の声がワントーン上がる。
 平気で毒を吐く冷たい口調は変わらないが、どことなく嬉しそうな雰囲気が伝わったのは春臣だけではない。

 「面白くないね」

 誠太はボソリと呟くと、玄関に向かって歩いていく。それを見て胸を撫で下ろす春臣であったが...。

 「いいよ、それなら俺も好きにするから」

 この呟きは2人の耳に届いてはいなかった。



[*前へ][次へ#]

17/24ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!