音楽を愛する者へ

『よく頑張ったね』

駅員さんは、そう言って拍手してくれた。

しばらくしたら、駅員さんだけじゃなくて、駅にいるひとみんながぼくに拍手を送ってくれた。

『“音楽を愛する者へ”って曲だ』

誰かがいった。ぼくはその題名を口の中で何回も呟いた。

『その顔からすると、知らなかったみたいだね。だいぶ前かな。君みたいに駅に来た子がいた。その子も何も出来なくて、泣き出したよ。仕方ないから、歌なら平気かい?って聞いたんだ。それでいまの歌を駅のみんなで合唱したんだ。──前の駅長から聞いた話だ』

ぼくはなぜか、それはおじさんのお父さんのことだと思った。

ぼくと一緒だったんだ。ここから始まったんだ。そう思ったら少しうれしくなった。



[Back][Next]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!