はじめてのメロディ


ぼくは困ってしまった。
一生けんめい、ここまで練習してきたけど、こういう時、とっさに出来る曲がぼくには、ない。
隣りでは色々な人が色々な楽器で色々な音楽を奏でていて、どんどん駅からでてゆく。

ぼくは自分がすごく情けなくて、涙をぼろぼろと流してしまった。

『そんなに難しく考えなくていいんだよ。別に、“メリーさんの羊”だっていいんだ』

『“メリーさんの羊”でも?』

ぼくは笑った。
駅員さんもぼくが泣きやんだせいか、一緒に笑った。

急にぼくの頭の中で音楽が流れた。駅のおじさんがいつも歌っている歌だった。題名も知らないって言ってた。でも、お父さんから聞いた曲で、コンサートでも絶対うたわない曲だから特別なんだって。ぼくもたまに口ずさんでみる。

弾いてみることにした。
下手でも大丈夫な気がした。回りのひとの目も気にならない。はじめて自分だけの音楽が出来た気がする。おかしな音も沢山だしちゃったけど、ぼくは最後まで弾くことが出来た。



[Back][Next]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!