ヴァイオリンを持った臆病者


おじさんはいまどんな気持ちでいるんだろう。どうして、ぼくにこんなこと話すんだろう。分からなかった。だけど、胸が締め付けられた。ぼくも本当は言っちゃったんだ。お母さんに。もう、やだ。やりたくないって。お母さんは少し悲しそうだった。それでにげるように駅まで走った。

突然──
電車が駅に入って来る音がして、電車を待つ人が一斉に顔を上げた。僕らもそれに続いた。

『少年、電車がお迎えに来たぞ。ほら、行って来い』

おじさん、ぼくに迎えなんかこないよ。だってやめるっていっちゃったもの。

そう言いたかった。

『う、うん』

『なんだ、今日はあんまりやる気がないのか?でも俺みたいにやめちゃ、駄目だ。好きなんだろ、それ?……ヴァイオリンだよな、うん』



[Back][Next]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!