ギタリストが消えた日


たしかにそうだよな、そう言っておじさんは軽く笑った。

『俺はけして言ってはいけないことを言ったんだ』

『言ってはいけないこと?』

ぼくは怖々聞いた。


『俺は、親父が無理やりやらせてるんだろ!もうやめるよ。……そう言ったんだ。嘘だった。確かに時々、自分の才能の無さに嫌気がさした。でも、そんなこと、これっぽっちも思って無かった。俺はいつか……、ギターで親父に認められたかったはずなのに。自分でぶち壊したんだ。だから、その一回で終わったんだよ』

『終わった?』
ぼくは話の裏に、どんなことが隠されていたのか、考えもつかなかった。

『しばらく親父は何も言わなかった、でも、俺に向かって言った。“悪かった”それだけ言った。しばらくは本当にギターを触らなくなった。でも、やっぱり無性に弾きたくなってな……探した。でも、ギターは俺の前から消えてたんだ』

『消えた?お父さんが持っていっちゃったのかな』

『かもな……』




[Back][Next]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!