[携帯モード] [URL送信]
獄寺隼人、来る!




獄寺隼人と友達になった。
きっかけは些細な事。タバコの火で火傷し、介抱したのが伊織ってだけだ。
それからトントン拍子にボンゴレ十代目が伊織だと知り、「一生ついて行きます!」と忠誠を誓ったのだ。


そんな獄寺がなんと、退学を言い渡された!
それをリボーンから聞いて「もしかしてイタリアに帰されるかもな。」と言われ並中にダッシュ。
そして校長室に入るや否や、




「ウチの隼人兄たんがご迷惑をおかけしてもーしわけごじゃいましぇん!」


と言った。
中に居た根津先生はもちろん校長先生も驚いていた。



「おお、誰かと思えば伊織君。」
「あい!」
「なんで子供がここに!つまみ出せ!」
「いやぁ〜、この子はいいんだ。」
「なっ!?」



獄寺は獄寺で自分の心配をしに来た伊織に感激の涙。




「(子供の侵入を許すとは…!)分かりました!でわ、こうしましょう。校庭に埋めたタイムカプセルを(以下略)もしそれが出来なければ獄寺は退学!そこのガキは2度と並中の出入り禁止だ!」
「(こいつ死亡フラグ。)」
「伊織、がんばりゅ!」




そんなこんなで獄寺と協力し、タイムカプセルを探す事に。
まぁ、伊織は伊織なりに頑張っていた。と、言うのも獄寺が「十代目の右腕に恥ぬよう。」と校庭を片っ端から爆破。
そこにコロンと出て来たのが年季の入った古いタイムカプセル。見つけた、と思い獄寺を引き校長室へ。
その中の物を見て校長は、



「根津君、これはどう言う事かね?」
「は?……こ、これは!?」



後から聞いた話しによればどうやら根津は学歴詐称してたもよう。東大卒と偽り実は五流大卒だったのだ。
この件に関して、校長先生からナミモリーヌの人気のケーキを沢山もらい上機嫌。奈々やリボーン、獄寺と共に笑顔でケーキを頬張っている。





「無自覚ってーのが一番の問題だな。」



と誰にも聞こえないようにリボーンは零していた。




[*前へ][次へ#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!