[携帯モード] [URL送信]
笹川京子、来る!




「ざばー。」



天気のいい今日は公園の砂場で砂遊び。
砂山を作っり上から水をザバザバとかける。
それを数十回繰り返しているが飽きる気配なし。リボーンはいい加減帰りたかった。




「ずどどどどー。」


そして今度は砂山に穴をあける。
いい加減ツッコミをいれたい。



「リボてんてー、とんでる出来たお。」
「よし、出来たか。帰るぞ。」
「おててを洗わないとダメなのー。」



そう言って洗い場まで走る。
空を見れば夕方。赤く染まっている。
手を綺麗に洗いハンカチで丁寧に拭いてリボーンのもとへ走って来る途中、

ズシャァと転けた。


「あぅぅ……。」
「大丈夫だった?」


声をかけたのは並盛中生徒。
マドンナだ。



「ふふ。泣かずにえらいね。」
「あい。」
「えらい子にはクッキーあげる。」
「あいがと。」
「どういたしまして。」



しばし、ポーと見惚れていたら話しかけられた。



「私は笹川京子。よろしくね。」
「沢田伊織れす!」
「伊織ちゃん。危ないからお家まで一緒に帰ろうか。」
「あい!」



二人、手を繋いで仲良く帰宅。
公園に残ったのはリボーン一人。てか、




「スルーとか、どんだけだー!!」




[*前へ][次へ#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!