[携帯モード] [URL送信]
指導、来る!



「いいか。俺はヒットマンだ。おめーをボンゴレ十代目にするためイタリアから遥々やって来た。」
「ぽんこつー?」
「ボ・ン・ゴ・レ!喧嘩売ってんのか。」
「お金ないよー。」



その言葉を聞いてため息を一つ、零した。
つい先日、かの有名なマフィアのドンから受けた依頼。
ボンゴレ十代目を育て上げる事だが、早くも心折れそうだ。




「(女だし、子供だし、天然だし。本当に大丈夫か?九代目。)」



遠い地にいるであろう九代目に愚痴を零す。
だが、いつまでもそうするわけにもいかず簡単に説明をする。




「取りあえず、お前を立派なマフィアにするため今日からねっちょり指導する。覚悟しとけよ。」
「あい!伊織を立派な女にしてくらはい!」
「ぶふぅー!」



途端、飲んでいたエスプレッソを吹き出したのは仕方ない事だ。



「てんてー、ばっちい。」
「お前のせいだ!そんな言葉どこで覚えやがった!?」
「ひりゅどられす!」
「今日の課題は当分昼ドラ禁止だ!分かったかぁぁ!?」
「伊織がんばりゅ!」



こうして今日からリボーンの過酷な(?)指導が始まった。




[*前へ][次へ#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!