[携帯モード] [URL送信]

宵闇に曙光を
2



幸助の初めての浮気は同棲してから一週間後のことだった。
最初の頃は泣きながら幸助を怒った。
幸助も、もうしないって言ってたのに…。
幸助の浮気は止まることがなかった。



───幸助は、今日が付き合ってから一年なのを覚えているだろうか。
賭けをしていた。
もし幸助が記念日を覚えていたら、もう少し我慢しようと。
もし忘れていたら、この家を出て、幸助とお別れしようと。



「───…ばいばい」



あなたに、この声は届いているだろうか。
情事のあと、私が使っていた部屋に荷物がないことをあなたは気づくだろうか。



「…可愛くなけよ」



嫌でも耳に入る、私じゃない誰かに囁く甘い言葉。
扉の向こうから聞こえた言葉に、私は泣きながら部屋を出た。



「瑠樹ちゃん、ホントにいなくなるの?」



爽やかな茶髪の少年が悲しげに顔を歪ませた。



「…うん。

ここにも紅蓮にももう来ない」



紅蓮は幸助が頭の族だ。



「凌馬が寂しがるよ…?」



凌馬…。
私より小さい弟のような存在を思い出す。



───それでも。



「私はもう決めたんだ」



あなたにもう会わないと。





[*前へ]

3/3ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!