[携帯モード] [URL送信]

こんあぶ小説



それは桜が満開に咲く頃

阿伏兎と近藤は大きな桜の木下に立っていた

「綺麗だな」

近藤は桜の木を見あげながら呟いた。

「あぁ」

阿伏兎はそんな近藤の姿を眺めていた。

すると近藤はそんな阿伏兎に気づき声をかけた

「ん?どうした?俺の顔に何かついてるか?」

「いっいや、なんも」

「そうか。しかし綺麗だな」

「あぁ」

「綺麗だ」

近藤は阿伏兎の頬に手を添えて、ニッコリと笑う

「は?!///」

まさか自分の事だと思わなかった阿伏兎は顔を真っ赤にした。

「阿伏兎、これから何があろうと愛してるからな


近藤はそう言うと阿伏兎の唇に口付けをした。


永遠の愛を桜の木で誓うように



END


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!