[携帯モード] [URL送信]

白鎮魂歌(完結)
龍の言



 緑の中を駆ける狛は、下駄が石畳を蹴る音に混じる自分の荒い息を感じていた。しかし、逸る鼓動によって押し出される血流に、聴覚は麻痺する。朱援に稽古をしてもらえる朝の狛は、いつだってそうだった。
 高揚した気分のまま雑木林を抜けると、見えてくる大きな社。その横に佇む巨木。
「朱援ー!今日も稽古、つけてくれよ!」
 迎えてくれる白髪の女に手を振り――そしてその隣りに佇む黒髪の男に気付く。囲碁を打っていたのだろう、碁盤を挟んで二人は座っていた。
 そんな二人に近付く度に、狛は隣りの男から目が離せなくなった。瞳は金色に怪しく光り、肩まで伸びた黒髪は生糸の様に柔らかに風に揺れる。今まで見てきた中で一番の美男子に、あんぐりと口を開けた。訳の解らない現状に答えを求める様に朱援を振り向くと、彼女は手を叩いて小さく笑う。
「ああ、そう言えば、狛にこやつの話をするのはまだだったか」
「し、…知り合い、なのか?」
 潤滑油の切れた絡繰り人形の様に振り返ると、男は狛へ、やんわりとした笑みを浮かべる。
「名は、晴珠と申します。初めまして、狛くん。朱援からはよく話を聞いていたよ」
 人らしからぬ様子だとは薄々感じていたが、どうやら朱援の『仲間』らしい。自分の知っているものだと言うことを理解し、更に晴珠と名乗った男の柔らかい物腰に、狛はやっと肩の力を抜いた。
「…初め、まして」
「いやはや、朱援の言うとおり、元気そうな子だ」
「妾の友だ。食らおうなぞと考えるなよ」
「分かっているよ、ふふ」
 しかしまだ気恥ずかしさが残るのか、狛は、中性的な笑みを浮かべる晴珠から離れて、碁盤の脇に座っている朱援の横に隠れる様にして座った。そうして顔の見えなくなった狛に、晴珠は顔を傾ける。
「おやおや。私が恐いですか?」
「…違う」
「なら、どうして?」
「…別に」
 ふてくされた様に朱援の裾を掴む狛の様子に、晴珠は小さく吹き出した。
「まるで母親を赤ん坊の弟妹に取られた子の様ですね」
「馬鹿にすんなよ!」
 しかし笑みの晴珠とは対照的に、怒りを露にした狛は、いきり立って碁盤を蹴散らした。上にあった駒が地面に散らばり、小石と同化する。
 あまりにも乱暴な狛のその振る舞いに、隣りにいた朱援は眉を顰めた。
「こら、狛。何と言う口のきき方だ」
「だって!」
「狛」
「良いさ、朱援。誰だって、自分とは違うモノが恐くて恐ろしい。少しずつ、警戒を解いてもらうことにしますよ」
「済まないな」
 そう静かに言う晴珠に小さく苦笑した朱援は、途端に狛がひどく怒った顔をして立ち上がったことに驚いた。憤りで戦慄く拳を握り締め、狛は叫んだ。
「朱援の分からず屋!」
「狛、…!」
 サッと身を翻して走り出す狛を追って立ち上がろうとした朱援を、晴珠の言葉が引き止める。
「大事な友が、出来たみたいだね」
「…ああ…」
「死す時まで、好なに」
「…………ああ」
「捜しに、行きますか」
「当たり前だ」
 晴珠の言葉に同意した朱援は、頷くふりをして、その憂えた瞳を隠した。

 再び来た道を坂戻り、雑木林を抜け、見慣れた家並みを無視しながら、狛は必死に走り続けた。息が切れても、四肢が悲鳴をあげても、足は止めなかった。朝の感情など一欠片もなく、ただ空しいだけだった。
「あうっ…!」
 しかし、いつの間に入り込んだか解らない大きな森で、土からはみ出していた根に足を引っ掛け、倒れ込む。湿った土のせいで膝を擦りむくだけにとどまったが、周りを見渡した狛は唖然とした。
「何処だ、ここ…」
 見知らぬ土地。きっと、隣りの村に来てしまったのだろう。森の中の辺りは薄暗く、不気味な鳥の鳴き声もする。狛は臆病ではないが、こればかりは何故か恐怖が沸き立って来た。
「…っ…!」
 じんわりと冷えて来た尻をはたき、立ち上がろうとするも、足首をひねったらしい。激痛が狛を襲う。募る焦燥に落ち着きを無くした狛は、不意に隣りの草むらが揺れたことに、ぱっと首を振り向けた。
「しゅ、え、ん…?」
 呼び掛けても、返事は無い。ただ、草むらが音を立てるだけである。
「朱援、いるんだろ?…ぉ、驚かしたら、もう遊んでやんないぞっ…?」
 震える唇で強がった言葉を吐く狛は、しかし、あることに気付く。
 ぞくりと肌が粟立つ感覚。
 何かが、違うのだ。
 腐臭、とでも言うのか、何か腐った様な匂いが鼻をつく。耳には、ぼとりぼとり、と何かが落ちる音、それにまじる不規則な呻き。
 そして、『ソレ』は遂にその身体を狛の前に晒す。
『ぁ、あ、あ…童が、童が来た…』
 人の形とは似ても似つかぬ、泥を組み合わせて作った様な外見。空気が抜けているのか、一部ではぶすりぶすりと黒い霧が吹き出ていた。
「な、なんだ、お前っ…」
 途端に今までの腐臭が一段と強くなり、狛は鼻を覆う。競り上がって来た胃の中身を、唾を飲むことで必死に止めた。
『うま、美味そう、な…童、じゃ…』
 そうしてソレが一歩踏み出す度に、爛れた肉片がぐちゃりと音を立てて地面に流れる。ぽろりと、不安定についていた目玉が落ち、跳ねた。
「ぉ、お前っ…殻蟲なのか?」
『し、し…知っておるのか…故に、甘美、か…』
 溶けた腕を伸ばしてくるソレ―殻蟲に、狛は怖気を押さえられない。初めて感じる、殻蟲が与える死へ対する恐怖だった。
「や、やめっ…」
『ぁああぁぁ!若き血肉!生の糧!』
「っ―――!!」
 殻蟲が大きな口を開き、狛を飲み込もうとした瞬間―
「狛くん、伏せなさい!」
「っ!」
 清涼でありながら厳しい声音が響いた。
 その声の通りに咄嗟に身を伏せた狛は、頭の上で小さな爆発音を聞く。微かに臭う肉が焼けた匂いに、再び胃の中のモノが蠢いた。
「その童から退きなさい」
 狛と殻蟲の間に立ちはだかったのは、晴珠だった。そして、後から駆けて来た朱援が、狛の肩を抱き寄せる。
「朱援…」
「大丈夫だ、晴珠に任せろ」
 短い応酬だったが、ただそれだけで狛は安心する事が出来た。ぎゅうと彼女の着物の裾を握り締め、狛は目の前で対峙する晴珠と殻蟲を見つめた。
「もう一度言おう。この童から手を退きなさい」
 静かに言う晴珠の手からは、電流がほとばしっている。先の爆発音は、これが原因だった。
 人型の殻蟲と、異形の殻蟲。
 圧倒的な力の差に、しかし異形のモノは怯まず呻く。
『否、否、否否否!これが喰わずにいられるか!』
「下賎の者が…私を誰と知っての事か」
『貴様など知らぬ!』
 異形のモノの言葉に、空気が震えた。返されるのは、轟く様な低音。
「だから貴様らは人型にはなれぬのだ…」
 ばちり。
「…!」
 大きく震えた大気に、狛は身震いした。殺意の光を称えた晴珠の金の瞳を見つめ、無意識に朱援の裾をきつく掴む。
「消え失せなさい」
『ぅ、お、ぁあ、ああ…!』
 びしり、びしり。
 雨が降ってもいないのに突然現われた稲妻が、竜の如く異形のモノを焼き尽くす。
 鼻をつく、濃い臭気。
「怪我は無いですか、狛くん」
 振り向けた晴珠は、相変わらず涼しげな笑みを口元にたたえていた。




[*前へ][次へ#]
[戻る]


無料HPエムペ!