[携帯モード] [URL送信]

■青天の霹靂
6

「確かに、仕事の面では男らしいかもね。」

 夏樹がコーヒーを入れながら言う。
 新婚旅行から帰ってきて、土産をやるから取りに来いとの電話を受けたのが昨日。早速次の日、仕事が終わったその足で、夏樹と白石君の新居にお邪魔してる。

「男らしいかぁ。それってかわいげが無いよね。」

 私が呟くと、夏樹は笑いながら、

「かわいげが無いかもしれないけど、仕事上でしょ?しっかりしてるってことよ。かわいげがあって、役に立たないよりずっとイイじゃない。」

そう言った。確かにその通りだ。

「あたしだって美恵子とかわんないわよ、仕事上では。さすがに男らしいといわれた事はなかったけど。」

 夏樹はついこの間まで看護婦さんだった。後輩からは恐れられつつ、慕われていて、ドクターからも一目置かれていた鬼(?)看護婦。
 確かにかわいげのある看護婦ではない。

「じゃあ、夏樹が片付いて、私が未だに独り身の理由は?」

 私が夏樹に問い掛けると、夏樹は困った顔をして、

「…男運…かな?」

と、答えやがった。このやろう、人が一番気にしてる事を。

「で、でも。この間いい雰囲気だったじゃない。なん
て人だっけ、佳隆の友達の…。」

 夏樹がそう言って思い出した。

「そうよ!夏樹、白石君は?」

 私が叫ぶように言うと、夏樹は驚いたように,

「え?確か友達迎えに行くとか言ってたけど…。」

とだけ、答えた。

「あの紹介してくれた友達って、大和石油の所長だったのよ。しかも天神町の!」

「えー、じゃあ、思いっきり商売敵…。」

 夏樹も驚いて声を上げる。
 今まで散々、夏樹には仕事の話をしてきたから、川岸と大和の仲の悪さは夏樹もよく知ってる。

「同業者ってだけなら良かったのよ、仕事の話で盛り上がったりするし。仕事場聞いてからは敵としてしか思えないのよ。きっと向こうも同じだと思うけど。最初はいい雰囲気だったわよ……。」

 私がそれから、この間の二次会の時の話を夏樹に熱弁していると、

「ただいまー。」

玄関から白石君の声がする。そして、

「お邪魔しまーす。」

との声と共に、白石君の後ろから現れたのは…商売敵!

 白石君と夏樹が同時に『しまった』というような顔をした。ってことは、向こうも私と同じようなことを白石君に言ってるんだ。
 
 白石君と夏樹、そして私と商売敵。四人でコーヒー飲みながら、雑談…てなことになるんだろうけど、どう考えてもお通夜みたいな雰囲気だ。


[*前へ][次へ#]

6/13ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!