[携帯モード] [URL送信]

お前に溺れた俺の蜜

眼の前の光の光景がいっそう鮮やかになると、俺を乗せた船は動き始める。

冬の花火は輝きを増したようで、その生き様を見せつける。
生きてるって証拠を、この空に。
夜を照らす、唯一の存在なんだ、と星々に訴えているんだ。

胡蝶、この船が島に着くとき、もうすぐだよ、もうすぐ逢えるよ…

都には、海も、月も、蛍もいなかったから、あの時に見た景色が懐かしい。
足音をたてて俺から去っていったものたち。
もうすぐ、逢える。

ユラユラ、波に漂っているうち、花火が見えなくなると、代わりに島が見えてきた。
胡蝶のことを思っていたせいか、時間が経つのが早いような気がした。

胡蝶は、七年前のちょうど今日に交わした約束を覚えているだろうか?
あのときの月を覚えているだろうか?
あのときの黄金の蛍を覚えているだろうか?

島の岸辺に船が着くと、俺は懐かしさと一緒に駆け出した。

胡蝶、やっと、逢えるよ。


逢えない七年間は本当に辛かった。
胡蝶と一緒に海を見たかった。
胡蝶と一緒に月を見たかった。
胡蝶と一緒に蛍を見たかった。
胡蝶を身近に感じて、前みたいに、「世界」を感じたかった。

眼に、涙が溢れてきたが、風にかき消されて消えた。
この日を、どのくらい、待ちわびたことか。


約束の地に残されていたものは、俺を驚かせた。

そこにあったのは、色褪せた一つの墓だった。
「海に、安らかに」と書かれた墓石。そこに供えてある、胡蝶蘭。

胡蝶は……?
まさか…

呆然とする俺と、忘却の空と、詠嘆する海……そして、胡蝶蘭……。

君は死んだのか……?



胡蝶に逢わなければ……。
約束を果たさねば……。
海の中で胡蝶は待っている……。
冷たい海で待っている……。
俺は、帰ってきたよ……。

もうすぐ逢えるから……

冬の海の凍てつくような冷たさが身にしみてきた。
脳細胞に伝わって、一歩ずつゆっくり歩いて。

いつか言ってたこと……
生まれてこなきゃ良かったなんて言うなよ。
みんな罪人かもしれないけど、俺は胡蝶を信じてるよ……
何故、別れるとき抱きしめなかったのだろう?
胡蝶はそれを望んでいた?
俺は、胡蝶に、何をしてあげられた?
海から悲鳴が聴こえるよ……
あのとき伝えたかった言葉、言わなければ……


雪が降ってきた。
黄金ではなく、銀色の蛍が、胡蝶のいる海にゆっくり舞い降りてくる。
海と同化する蛍たち。

溶け合う感覚を覚えながら、胡蝶の海に堕ちていく。
最後の言葉を、思い出してみる。

「君と……」


銀色の蛍は、二人の海に、いつまでも降り注いで、消えて……



[*前へ]

4/4ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!