[携帯モード] [URL送信]

お前に溺れた俺の蜜

しかし、楽しい日々は長くは続かなかった。

都での反乱事に幾人もの兵を徴収していたのだ。
ちっぽけなこんな島にまで、令状が届く。


雪が降り注ぐ旅立つ日、胡蝶の姿はなかった。

胡蝶を探しに、島中を走り回った。
俺が走る度、胡蝶との思い出が、ガラスの破片に映したように
幾つも、幾つも、重なり合い、触れ合い、雪の結晶までもが重なり、
透明な光を放っていた。

胡蝶、胡蝶、俺の一番大切な人……

広大な海を見渡せる、一番広い場所に、雪に埋もれ、胡蝶はいた。
俺と二人で、よくここで花火をしながら、星を眺めた場所。

胡蝶は振り向きもせず、ただ一心に海を見つめていた。

「海の向こうに、あなたの世界はある?」

突然の問いに驚いた。
胡蝶は何を望んでいるんだ?
何の言葉を待ってるんだ?

俺の答えは、すでに有ったのだ。
でも、肝心な時に素直になれずに、俺はまったく違うことを言ったんだ。

「七年後、この場所でまた逢おう……」

胡蝶も俺も、これから離れて暮らさなければならない。
あえて、言わないほうが良かったのかもしれない。
もし、言ってしまったら、胡蝶は一人で七年もここで…
胡蝶を傷つけたくない。
これが、俺が、胡蝶にしてあげられることだ。唯一の…


[*前へ][次へ#]

3/4ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!