[携帯モード] [URL送信]

お前に溺れた俺の蜜

俺の故郷は、ずっとずっと遠くの、海を越えた所にある小さな島だ。
幼い頃、海で囲まれたこの島の海を、胡蝶と一緒に見るのが唯一の楽しみだった。
俺達より何倍も広大な海を、何時間でも見ていたっけ…。

夕刻に染まる、蒼い海。
冬の海でも、夕陽が照って真紅の色になる。空には、紅い月。
みんな不吉がってこの月を嫌ったが、俺はこの月が好きだった。

闇にのまれる、深い海。
夏色の海は、小さな灯火が俺達の道を照らしてくれた。
黄金に輝く蛍が、沢山いたから。俺はこの蛍が好きだった。


二人が、何も隠さず、信じあえる場所だから。

自分に素直になれる場所だから。

胡蝶は俺に隠し事はしなかった。
とても素直な女だった。
ただ、悲しい女でもあった。

「生まれてこなきゃ良かった……」
胡蝶はいつもそう言っていた。

俺達の故郷は昔から、都の罪人が島流しとして流れ着く場所だった。
無事島に流れ着く者もいれば、無残な姿で流れ着く者もいた。
多くの流れ着いた罪人が、この島で暮らした。

だからこの島のほとんどが、罪人の子供達。

生まれながらに罪を持って生まれた子供達。

胡蝶もその一人だった。

もしかしたら、俺もそうなのかもしれない。

生まれたときから、罪深き俺達には、計り知れない恐怖と憎悪が
この海と一緒に、

ユラユラ…
ユラユラ……

揺れて、漂い、揉まれて、溺れて、死んでいって……

幼いときから幾つ、そんな話を聴いて育っただろうか?
背負って生まれた罪に、未だに身震いするほどだ。

そして、誰も助けてはくれない。
俺も胡蝶も、分かり合える人どうしでなければ、罪という重い扉を開くことができないのだ。


胡蝶の言った言葉に、返す言葉が見つからなくて、

「胡蝶がいることで、俺がいるって解るから」

胡蝶は笑っていたけど、この世界で生きている意味はそれしか無いと思っていた。

[*前へ][次へ#]

2/4ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!