[携帯モード] [URL送信]

お前に溺れた俺の蜜
ハルカカナタ…
午後の非常召集には国の兵士達が王宮に集まった。
高なる鼓動を抑えながらも、僕は国王の話に耳を傾ける。

「王女が…拉致された…」
どこか落ち着きのない表情で国王はそう告げた。

王女……。

僕はかつて無いほどの吐き気を覚え、その場を去った。

王女とは幼い頃によく遊んでいた、僕の大切な人だ。
好きなのかもしれない…そう気づいた頃には、僕は将来兵士の道を歩み始めた頃で、この思いはとうてい叶うはずないと思った。
身分という大きな壁を壊すことができない。
それでも忘れることすら叶わない、君への思い……。

しかし今、君はここにはいない。
敵軍の牢獄に入れられているのか、拷問を受けているのか…。
考えたくもなかった。

僕は自分に与えられた任務をこなさなければならない。
他の事を考えてはならない…たとえ君の事を思っているとしても…。

青い空が広がった午後の王宮の庭先を、何か穴が空いたような気持ちで歩いていた。
幼い頃ここで君と遊んだ、噴水があった場所…。
もう水はないけれど、石造りの噴水だけがたたずんでいた。

干乾びた王宮の、けして大きくはない庭、さびれた噴水…。
全て何かを失っている。
戦争とは、こうも何かを犠牲にするのか。
せめて君だけは…無事でいてほしい……。

ふと噴水を覗き込む。
異変に気づいたのはその時だった。

噴水の中一面に、水の花が咲いていた。
水が無いのに…水の花が咲くのか?
確かに噴水の中には水は無い。僕は花を手にとって見た。

それは水の花に似せた造花だった。
もともと水の花は何枚もの花弁が重なった形をしている。布で言えばドレープ性があると言える。
布で作れば見た目もそっくりに作れるのだった。

これを誰が…こんなに沢山……


「兵士のおにいちゃん…」
後方で誰かが僕を呼んだ。振り向くとそこには一人の少女がいた。

「おにいちゃん…おねえちゃん知らない?長い髪で綺麗な服着たおねえちゃん…」

はっとして、もしやと思った。
王女のことを言っているのだと。

「おねえちゃんがどうしたんだ?」
「一緒に、お花作るの。水の花。水が枯れても、お花は生きてるって、おねえちゃん言ってたの。」

噴水の、一面の水の花…。
そうか、これは全て君が…。


僕は一人、王宮をあとにして、持ち場を離れた。

生きていた水の花…
思い出だけにとどめて、何も出来なかった僕が歯がゆい。
同時に幾つかの思いが込み上げる。
君に言う、適当な言葉が見つからない。
浅はかな思い過ごしかも知れないけれど、僕の素直な気持ちを伝えたい…。
壁を壊したい。
自由になりたい。
君と一緒に、遥か彼方へ、ここじゃない、どこかへ。
僕が君を助けに行くから…
だから遥か彼方へ…

[*前へ]

2/2ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!