[携帯モード] [URL送信]

お前に溺れた俺の蜜
フォービドゥン
「いたぞ!!」


大声が響き渡ったかと思うと、土手の上に村の連中たちが群れを成して睨んでいる。
見つかったんだ。
傍にいたルシィを強く抱き寄せる。
ルシィは渡さない。誰にも。例え神でも…。


「ルシィ。何をしてるんだ。明日が大事な日だということを忘れたのか!!」
聖職の村人達が皆同じように叫んでいた。
ルシィは困惑した表情で、しかし強く、奴らに言ってのけた。


「あたしは…神に捧げる器じゃないっ!あたしは…」


あたしの心は、ずっと昔から禁戒を破ってる。
あたしはお兄ちゃんを愛してる。


風が一瞬止んだかのように、唖然とした空気が流れる。
村人達は呆気にとられたかのように立ち尽くしたままだ。
逃げるなら今しかない。


ルシィの腕を掴んで、俺は一緒に走り出す。
抑え付けていた想いが、一気に開放されるんだ。


村を出れば掟も関係ない。
縛られることもないんだ。
誰も許してくれなくてもいい。
許しを乞わなくてもいい。
ただそこに君が居れば。





ただ君を愛してるだけ。
ただ君を抱きしめたいだけ。




ただ君を…




気が付くと、醜い雛鳥は水面に漂っていた。
ルシィの身代わりになったかのように。
儚く。



[*前へ]

5/5ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!