[携帯モード] [URL送信]

姉御漂流記
マカラーニャの森


さてさて、マカラーニャの森へ来ました!!

やっと出会えたよ!
オオアカ屋〜〜!!

]の時カナリいい奴っぷりを発揮。「恩人価格」と言ってる割には値が高い!!

終盤にはベベルでとらわれの身…ヒロイン並の切なさがこみあげてくるよ…オオアカ屋!!

それが今じゃ…借金とりに追われてるだってぃ?!

一体何をした…そうかーついに
麻薬に手ぇ出して…(ってをぃ、違うから。

え!!
密漁に手を貸したってか!!そりゃダメだわ…(だから違うし。

まぁそんなこったろーと思ったさ(猫´ω`*)
不倫で慰謝料とられたか…ふふ。ソチも悪よのぅ。。(絶対ありえへんから。





…とまぁいつもながらに私も暴走気味ですが…(汗。

オオアカ屋、マカラーニャの旅行公司をリンから買ったそうじゃない。

そして二年前にシヴァ様がいなくなって湖も森もボロボロで?人が来ないと…??(猫´ω`*)ふーん。





頼むぜ兄貴!!!!!

マカラーニャみたいな森の奥の奥にある旅行公司に
誰が行くっていうの?!

シヴァ様がいてもいなくても、あの場所は]の時からヒト気ない場所だったような???

ナゼそこを買うのさ!!

私なら、ミヘンとかナギとか買うよ?だって少しでも交通量あった方が品だって売れやすいじゃない!

「はぁ疲れたー寄ってこー」とか言いつつ立ち寄れるじゃない!

「トイレ〜」ってかけ込んでもOKなの!

まさに現代のコンビニよ?江戸時代風だと旅籠屋よ?旅行公司万歳しちゃうよ!

ホント、なんでこんな何もないところに店構えたんだ全く。





煤i ̄□ ̄;)





リンに騙された?!





そうなの?!

正直に言えば有能な弁護士立てるわよ!!

現場検証でもしてみる?ん?

オオアカ屋「行商もツライんだよなぁ〜俺ももう歳だしなぁ〜」

リン(すかさず登場)「いい物件ありますよ旦那、マカラーニャの旅行公司なんてどうです?」

オオアカ屋「だけどそこは祈り子様もいなくなったしなぁ」

リン「私の予想だと…この風光明媚な土地柄、近い将来観光客がわんさかやって来ますよ旦那!」

オオアカ屋「観光客ねぇ〜」

リン「今なら地価はタダで、経営費20万ギルで手をうちますが?」

オオアカ屋「それはちょっと高くねぇか?」

リン「仕方ないですね。経営費半分負担いたしましょう。それで10万ギルでどうです?」

オオアカ屋「よ〜しのったぁ!!」



…ねぇ、これ、
本当にあった話っぽくて怖くなってきたわ…(汗

リンちゃん、頼むから違法な商法には手をださないでね?

オオアカ屋をおとしいれちゃダメだってばよ!!だってばよ!!(ナルト風

だいたい、10万ギルくらい、材政権握ってるユウナなら
ポケットマニーで支払ってあげられてよ?おほほほ。

ユウナ「オオアカ屋さん…二年前は色々お世話になったし、これお礼の気持ちです。受け取ってください。」

オオアカ屋「すまねぇな。ユウナちゃん。ありがとよ、でもこれは受け取るわけにはいかねぇ。」

ユウナ「えっ!なんでですか?(泣」

オオアカ屋「アニキさんとこも厳しいんだろ?発掘のバイトしてるっていうじゃねぇか…」

ユウナ「!!!!」

オオアカ屋「それはカモメ団サマの為に使うんだな。
燃料はレギュラーじゃなくハイオクなんだろ?





ってセルシウスは車かい!!!!(自分で言わせといて・爆

ダメだ。。今日も妄想が止まらない…(猫´ω`*)とまらな〜い…!!

きっと寝不足のせいだ…私はもう寝るぞ?寝るったら寝るぞ?

マスターの所で寝てくるぞ!!さらばオオアカ屋…





オオアカ屋「やっぱり…10万ギル…ほしぃかも…なんちゃって…?」





……





さらばまた会う日まで。





オオアカ屋「あー薄情者ーーー!!(嘆」


[*←][→#]

10/14ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!