[携帯モード] [URL送信]

あたたかいみるくをください
7






 青年の興奮は冷めなかった。
 濡れたままの状態でベッドに押し込まれた彼は、シーツに両手を押し付けるように拘束されて、強引に乳首を舐られていた。
「あんた可愛いよ。最高だ。……最高に変態だよ」
「や、もう」
「もっとたくさん可愛がってやるからな」
「あっ」
 硬く縮めた舌でコリコリと先端を擦られて妙な気持になる。ざらりと乳輪全体まで舐められて、ゾワリと背中が粟立った。
「モテたいんだったらもう少し胸板厚くしろよ。こんな乳首しかねえガリな胸見た事ねえわ」
 青年はそう言って、笑いながらその乳首に歯を立てた。
「いッ……ぐゥゥ!」
 痛みの中に、わずかに甘い快楽が潜む。ペニスを握られてやわやわと揉みしだかれて、彼は抵抗出来なかった。
「あ、あ…ひッ、イ……」
「――あれ、あんたのオンナじゃないんだろ?ホテルでデートとか、あんたホント飢えすぎっだっつーの」
「ち、がう」
「安心しろよ。あんたの欲求不満、ばっちり解消してやるからさ。あんたおもしれーから楽しいわ」
 過ぎた刺激で、彼は苦痛に近い快楽に支配される。歪む顔を見ながら満足そうに笑う青年の表情は、気に入ったオモチャを手に入れた子供のように歓びに輝いていた。
「や、ら…も、許し」
「楽しめよ。気持ちいいの好きだろう?」
 膝を曲げて持ち上げると、その中心には緩くなった排泄口が赤裸々に開いていた。挿入前は開花する間際の花かんざしの蕾のように可憐だったそこは、熟れた柘榴(ざくろ)のように体内の赤い粘膜を露出して青年を誘う。
「パイパンチンポもいやらしいアナルも丸見えだ」
 指を入れて掻き回してから、舌を挿れて吸った。
「やぁ、ぁ、ぁ、ああ、ああッ」
 自分の股に顔をうずめる青年が、綻んだ窄まりの中も周辺も、丹念に味わうように吸っては舐めてくるから、彼は羞恥とともに奉仕を受ける快感に襲われた。
「ああ、いい具合に馴染んできたな」
 青年は、ローションのノズルを挿れてグチュリと絞り込んだ後、何も着けていないペニスを体内に穿った。射精したばかりの青年のそこはまだ勃起が不十分で、緩んだ戸口からぬるりと中に滑り込んだ。
 グリグリと尻に押し付けるように、満悦そうに巧みに奥を掻き混ぜる。
「あ、あ……ふぅ、ん、んッ、んぅ」
 彼の喘ぎが甘い色を帯びた。青年はそれに気付いて抽挿を始める。
「ハァ…ハァ…あぁ、ああッ……う、んぅ…ん、んッ」
「尻穴弄られるの好きか?好きなんだろう?」
 はしたなく淫らに酔い痴れる様を指摘されて彼は動揺した。真実を言い当てられたような気がして不安になる。自分は決してそんな変態ではないと信じたかったのに、心まで支配されそうな快楽には抗えない。
「ちが、う」
「クソしただけでイッたんだろ?本物だなあんた」
 青年が興奮して、ペニスが大きく膨らんできた。熱く脈打つように血液が集まって、亀頭は膨らみ陰茎は太さを増して、さらにアヌスを拡げて理性を保とうとする彼を追い詰めた。
「ぁあッ!……あ、ぁ、ぐッ…ふぅッ」
 次第に紅く艶めいてくる彼の肌を見て、青年は嬉しかった。
「なあ、チンポ好きって言えよ。アナル気持ちいいって言え」
「ちがう、おれは、変態じゃ……ない」
「ああ〜……このままおれだけイってしまおっかなぁ。すげえ気持ちいいし、もうイキそう」
 快感に酔った青年の言葉を聞くと、彼は涙目で青年を見上げた。ひとりでなんてずるい。自分だっていきたいと思う。
 青年はそんな彼の本音を見抜いて笑った。
「つか、上に部屋をとってあるって誘われるなんて初めてでさ。おれ超感動したんだけど」
「――え?」
 それは誤解だ。青年のために部屋を予約していたわけではない。
 けれど、もしかしてこの青年は、自分に誘われたと勘違いしたまま、嬉しくてこんな行為をしていたのかと彼は気付いた。





[*前へ][次へ#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!