[携帯モード] [URL送信]

あたたかいみるくをください
5





「ああ……こんな、こんな事」
 彼は、突然の仕打ちに、抵抗する気力まで失ってしまった。
 そんな感情には全く関心を寄せないまま、青年は彼の後門に指を差し入れた。
「え!や、なに?」
 驚いた彼は身を竦ませたが、ペニスを握られたままだったので逃れることが出来ない。
 ぬちゃっとした湿性の粘りつくような音が、自分の尻から発せられて彼は羞恥で身震いした。
「あなた一体、なんで。なんでこんなことするんですか?」
 泣きそうになって声が震える。
「おれは男の尻穴にチンポ突っ込むのが好きなんだ」
 何気なく下された真実を彼の認識が拒否する。
「そんな綺麗な顔で何言ってんですか!」
「あんたの方がキレイだよ」
 歪みない真っ直ぐな視線が、歪んだ欲を向ける。
 二本差し入れられた指が再び円環を緩めにかかる。排便反射で一度緩んでいたそこは、指を容易く呑み込んでいた。
「やッ、やめて。……や、だ」
「ほら。ここ」
「あ!あん、あッ、や、あッ、あ」
 体内をクニクニとマッサージする指の動きは、信じられない感覚で精を押し出そうとする。
 身の置き所がなくなるような、形容しがたい切迫感に襲われ、彼は興奮を抑えることが出来ずに泣きだしてしまつた。
「や、あ、あッ、あん……ふん、ふ……う、うう……」
 ペニスを絶え間なく刺激されながら窄まっていた襞が拡げられてゆく。
 思考の空白とでも言うべき状態で、肉体を支配する感覚に全てを委ねる。恍惚とした表情と力なく弛んだ口元が、彼が官能に支配されている事を青年に伝えた。
 やがて、だらりと広げた両膝を閉じられて、身体をうつぶせに返された。腰を高く上げさせられて、すぐに指を入れられて捏ねまわされ。彼はまた理性を奪われた獣のように呻いた。
 青年は小さな尻たぶの肉を両手で掴んで、両の親指を挿入して左右に開いた。柔らかく拓いたその奥には、薄紅色に充血した粘膜が誘う。
 青年はコンドームを装着してから、濡れた桜色の花襞に、硬く勃起したペニスを宛てがった。片手で持ったペニスの亀頭で、穴の周囲を擦ってからクンと力を入れて挿入する。
 思ったより抵抗なく先端が滑り込んだ。
「痛っ!」
「ちゃんと自分でケツ穴開け」
「や!だめ!痛い!いッ」
「出す時と同じだ、踏ん張れ」
「やぁらあぁぁぁ――ッ!」
「そうだ。よし」
 彼の体内に青年の熱いペニスが入り込む。
「んあぁぁぁぁ――」
「そのままケツ開いてろ」
 青年は深々とペニスを奥まで突き入れる。奥にねじ込んで腸を刺激してから、一度亀頭を肛門部まで引き抜いて再びズイッと奥まで穿った。





[*前へ][次へ#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!