[携帯モード] [URL送信]

Dear heart
体温までの距離 16





「そんな事ないだろう。おまえはいつだって俺にぬくもりをくれた」

日比野の言葉で緒方は動揺した。

「いつそんな事があった?」

「──いつも」

赤くなる緒方を見て、日比野は笑った。

「試合で、いつも抱き合っていた。温かかったよ」

日比野の笑顔を向けられて、緒方は何だか気恥ずかしい。
どうしてそんなふうに感じてしまうのか分からない。

それでも、日比野が感じていたように、自分も試合の度に感じていた事は確かだった。

歓びを分かち合える瞬間の熱い体温と高揚感。
それはかけがえのない想い出として、ぬくもりと共に記憶に残っている。

「野郎と抱き合ったって……」

「温かいのは変わらないよ」

日比野は艶然と視線を向けた。

「くれよ……。ぬくもり」

まるで、誘惑するように笑う日比野を前にして、緒方は緊張のあまり身動き出来なくなった。
こんな壊れた事を言う奴だったのか……と呆れてしまう。

それでも、絶対的に嫌悪している訳ではない自分が、何だか不思議に思えた。




[*前へ][次へ#]

16/19ページ


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!