[携帯モード] [URL送信]

Dear heart
体温までの距離 14





「変だよおまえ。そんなのガマンして悶々と見つめ続けるなんて。特殊な性癖の域に入ってるよ」

歯に衣着せぬ緒方は、暗に変態を示唆する。
日比野の眉間がピクリと歪んだ。

それを知りながら、緒方は言葉を続ける。

「好きならやっちゃえばよかったじゃないか。何も無理矢理しろとは言わないけど、誘ってみりゃよかったんだ。おまえ男前でかっこいいし。嫌がる女はいないよ」

「安易にそんな事するもんじゃないだろ。いい年して……」

緒方は、その妙に悟りきった口調にさらに呆れた。
あと10年歳を取ったとしても、もっと軽いヤツはゴマンといる。
この若さでこの堅苦しさは、女性にとっては歯痒いだろう。

緒方は、日比野が愛想を尽かされたのが、なんとなく分からないでもなくなってきた。

「ダメもとでも、一回出来れば儲けもんだろ?」

勝手な緒方の持論に、今度は日比野が呆れた。

「その一回が余計な飢餓感を招くんだ。いたずらにそんな事を知って、後で苦しむのは自分なのに」

ふたりは互いに手酌をしながら、酒を飲み進める。

半ばヤケになって黙々と飲み続けていた。




[*前へ][次へ#]

14/19ページ


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!