[携帯モード] [URL送信]

Dear heart
体温までの距離 12





「──去年離婚した。3年も経てば身体も変わって、くい込んで抜けなくなって……。しばらく放っておいたんだけど、やっぱりあんまりいいモンじゃないから、指輪切って外したんだ。その時指にも傷がついてしまった」

緒方は何も言えないまま、黙って日比野を見つめた。

自分が知らない間、日比野には色々と辛い事があったようだ。
そう思うと同情のような胸の痛みを覚えた。

「子供は?」

「いない」

なぜこんな事を訊いてしまうのだろう。
緒方は日比野の苦しみを分かっていながら、それでも日比野の事をもっと知りたかった。

「出来なかったって言うより、つくれなかった」

日比野は、憂いを含んだ表情で、空いたグラスを見つめながら酒を注いだ。

「どうして……」

「──結婚したら、それなりになると思っていたけど、やっぱりダメだったんだ」



何が?



緒方の視線が問いかけた。

「初めの一年で4回。次に2回。後は全くなかった」



だから何が?



訊くのもはばかられたが、緒方の視線は正直に疑問を向けたままだった。




[*前へ][次へ#]

12/19ページ


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!