[携帯モード] [URL送信]

Dear heart
体温までの距離 11





続いて飲む酒にも感心する。

「あ。旨いよこれ」

「だろ?」

「日本酒って、こんなにスッキリしてるんだ……」

そして、改めてグラスの中の香りを楽しむ。

「いい匂い」

「上品な味と香り……だろ?」

「うん」

端正でさらりと上質な味わいの純米酒。
素材のダシを生かして煮詰めた惣菜の肴。

思いがけない持て成しを受けて、上機嫌で酒を味わっていると、ふと、日比野の左手に視線を奪われた。

テーブルを挟んで座る日比野の左の薬指に、緒方は指輪の跡と小さな傷跡を見つけてしまった。

外にいた時には気付かなかった。
この明るさでやっと分かる程度の跡だった。

「──独身って?」

「え?」

「結婚指輪の……跡がある」

緒方の指摘で、日比野の表情が変わった。

緒方の胸が理由も分からないまま、締め付けられるような疼きに支配された。

日比野の視線が動揺を隠しきれずに、知られたくなかった事実を暗に認める。

緒方は疑問を向けた。

「なんで嘘なんか」

「嘘じゃない……」

日比野は跡を隠すように、右手で左指を握りしめた。

「今は独身だ」

ばつが悪そうに視線を落とした日比野は、困ったようにふたたび視線を持ち上げて緒方を見つめた。




[*前へ][次へ#]

11/19ページ


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!