[携帯モード] [URL送信]

Dear heart
体温までの距離 7





「非現実的だ。そんな余裕あるかよ」

投げやりな返答に失笑する日比野に、緒方はニヤリと悪戯な笑いを向けて逆襲をかける。

「──もう妻子持ちか?」

「ばか。花のお独りさまだ」

「へえ……。意外」

「何だよ、意外って」

「妙に落ち着いてっから、もう親父やってんのかと思った」

「親父かよ……」

日比野はがっかりして、視線を落とした。

懐かしいテンポの会話。
変わらない笑顔。

緒方は、日比野の在り方の真意が汲めないままで、それでも、ふたたびこんな時間を共有できた事に喜びを感じていた。

食事が運ばれてきて、変わらない味に食欲をそそられる。
比較的量の多いこの店の食事は、ふたりにはちょうど良かった。

空腹が満たされてからも、懐かしい話題が次々と飛び出してきて、会話が途切れる事がなかった。
同じ医療に携わった事から、以前にも増して話題が豊富になっていた。

「おまえのユニフォーム姿……。しっかり馴染んでいて、頼れる救急隊員ってカンジで、カッコ良かった……」

ほんの少しの酔いも手伝って、緒方を臆面もなく素直にさせる。

それは緒方の本心だった。




[*前へ][次へ#]

7/19ページ


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!