[携帯モード] [URL送信]

贈する想いは
【御礼】尾花。

短文では御座いますが、皆様へ感謝を込めて。

**********


銀の飛沫、金の波。

風が吹き、揺らす。

規則性をもって。

ゆら、と、ゆらり、と。

うねる波のように。

翻弄されつつも。

押された背を再び伸ばし。

また、海面のように揺らいで。

眼前に広がる薄(ススキ)の原っぱ。

本日最後の陽光の煌めきを。

やわらかな秋の日射しを受けて。

美しく織り成す、疑似の波間。


「綺麗……」
「あぁ」


吐息と共に溢れた言の葉を。

彼が拾い、返した。

白く輝くその穂先と似た色の髪を。

その彼が優しく撫で、指先で。


「アレン、」
「はい?」
「綺麗だな……」


絡む事なく梳かれ、何度目か。

輝く波と同じように、白銀の髪が踊る。

さら、と、さらり、と。


「綺麗だ……」
「ね、……薄(ススキ)の話、……ですよ、ね?」


ふっ、と、やわらかく笑み零すと。

「さぁ?」と、意地悪く返され。

裏腹に優しく肩を抱かれ、引き寄せられる。


「綺麗だな……」


ゆるり、と、顔を寄せると、その頭(カシラ)にキスを落とした。

それは、それは、愛しげに、愛しげに。


*********

花言葉には色々とありますが、今回はお花の先生がおっしゃっていた意味を。
【心が寄り添う】 体も心も寄り添ってふたり仲良く、と。



[*前へ][次へ#]

31/32ページ

[戻る]


無料HPエムペ!