[携帯モード] [URL送信]

贈する想いは
6:【13784リク】end.

それから夜は……、静かになった。

忘れないでと奴が残した言葉は。

一月(ヒトツキ)程過ぎて、元に戻った以前からの夜のように。

通常であった日常に紛れて、忘れてしまうと思っていた。

でも、奴が見せた一途な想いと表情とを合わせて。

それは中々消え去らずに燻りながら。

ふ……、と。

時に思い出されたりして。

奴が戻ったら、何食わぬ顔で。

自分たちの間には何もなかったのだと。

そう迎えてやろうと、捨ててやろうと、思っていたのに。

遊びで、退屈凌ぎで、それは一先ずの達成を果たし。

今や花は、育ち、手に入り、自分だけの為に咲き。

後は、終らせる為に手折ってさえしまえば。

一時(ヒトトキ)の戯れは、己を満たして。

日々に埋没して行き、やがて忘れ去られる筈であった。

それが……、今は自分を悩ませる。

ほんの気紛れに結んだ関係は、何の約束も持たぬ。

遊んでやっていただけだった、それだけだった。

自分ではそう思い、そのつもりで。

同性の手を握り、肩を抱き、騙す為にキスをしたのだ。

その結果、奴は俺だけを求めて、より欲して。

だから、あのような行為まで、予定外で、予定外に、あったのだ。

そんな気はなかった、その時はそう思っていた。

だが今は、……独りが寂しい。

あの、はにかんだ笑顔や、温もりが……欲しい。

二月(フタツキ)を過ぎて、三月(ミツキ)に入り。

その想いが段々と強くなって、自分が怖くなった。

忘れられるのが怖いと奴が言ったあの気持ちが。

解りそうで、そんなにも俺に入り込んで来ていたのかと。

いや、もしかしたら、気付かぬ内に自分が心を許していたのかと。

ごちゃごちゃとした感情が入り乱れて、息苦しくなって。

苛々と、制御できぬ気持ちや思考が降り積もる様に重なり連ね。

奴が戻って来た時には、その姿を目にした時には。

強くつよく、抱きしめていた。

小さく悲鳴が漏れる程に強く。


「アレンッ!!」
「ぅあ、……っ、……神、田、……」


耳に届いた、久しぶりに聞いた音は。

彼の訪問を告げるノック。

気のせいか、と、思ったが、直ぐに繰り返されたそれに。

扉を開けば、戸惑ったような奴が目に入り。

咄嗟に腕を伸ばし、引き寄せて、抱きしめていた。


「……遅ぇよ」
「神田?」
「アレン……、」
「どうしたんですか?」


ゆっくりと体を離し、その顔を食い入るように見詰める。

返される瞳に宿るは、嬉しそうなその光。

多分、……自分も同じだ、間違いなく。

ぐずぐずと渦巻いていた気持ちの悪さが。

こんなにも容易く払拭されてしまえば、もう疑う余地などはない。


「アレン、……よく聞けよ?」
「……は、はい」
「俺もお前が好きだ」
「ぇ、……」
「この数ヶ月でよく解った。お前が居ないのは嫌だ」
「……本当、に?」
「他所へ逃げんなよ。お前の居場所は俺の側だけだからな」


告白。

それは、俺からお前へ、今、正しく応じた事を。

気付いた想いを、変化した気持ちを口にして。

もう一度、確かめるように抱きしめながら。

二人だけの空間を作る為に、扉を閉じて。

好きだと言う心の扉を、奴だけに開けた。


「おかえり、アレン」
「ただいま、神田」


其々が其々の寛ぎの場となるように、その愛を新たに育てはじめた。

********************
【Request:『移ろい堕ちて-』のような鬼畜?恐ろしい?神田さんが、アレンさんに溺れていく様が見たいです!より】かめ吉様へ。

桜の季節から紫陽花の季節へ……と、移ろい過ぎております。
大変お待たせいたしました。
少しでもお気に召して頂けると良いのですが……。

リクエストありがとうございました!


[*前へ][次へ#]

29/32ページ

[戻る]


無料HPエムペ!