[通常モード] [URL送信]

贈する想いは
5:【13784リク】

中から引き出して、捧げた両の掌に。

こくり、と、飲み下される唾の音が。

やけに耳について、奴の緊張を伝えた。

ぺた、と、床に座り込んだ身を少し前へ。

おず、と、顔を寄せてその先にキスをした。


「歯は立てるなよ。……お前の、好きにすれば良い」
「ん。……解った」

ちゅ、と、もう一度口付けると、舌を出す。

つ、と、端から根本に向けて舌先が滑る。

上、右、左、と、舌を動かし舐めると、口を開けた。

軽く銜えると、舌の真ん中で擦(コス)るように頭を動かして。

増えた唾液が絡み付いて鳴き声を上げる。

くちゅ、……ちゅ、っ、と、空気と混ざり。

「もっと舌を使うんだ」
「……ん、ぅ……むぅ、……っ、」

口に含むのも、快楽を生ませるのも初めてなら。

自分の事で精一杯でも仕方がない事だが。

奴は、ちら、と、視線を動かして、俺の顔を見る。

伺いながら、舌を、頬を、粘液を。

気持ち好くなるようにと、動かし、使う。

だが、惜しいかな、経験値不足は決定的で。

頑張りだけでは埋められないその技量。


「まだヤるのか?」
「……ん、く……っ、ぅ……」


まだ、と、視線で答えて、少しだけ頭(カブリ)を振る。

その口から無造作に、自身のモノを引き抜いた。


「んぁ、や!……やだっ、止めないからっ」
「止めねぇよ」


立ち上がると同時に、奴の襟首を掴んで引き寄せると。

そのままベッドに上向きに衝き倒して、体に跨がる。


「口、開けろ」
「……ぇ、」
「気持ち好くしてくれんだろ?アレン」
「……ん、する。したい」
「俺の動きに舌を合わろ」
「解っ……た」
「良い子だ」

覆い被さるその下で、苦悶する表情、乱れる呼吸、流れる唾液。

それに混ざり匂う自身の体液。

相手の事など考えず、自分の良いように、喉の奥を重点的に口内を犯す。

苦しさが滲み零れる声に、頬を伝う涙。

自分なら真っ平だと思うし、きついとも思う。

でも、奴の瞳には……、喜びしか見出せなかった。

目は口程にと言うが、そこに非難する光は無く。

従順に尽くそうとする、真心だけが見えた。

これで捨ててしまえば、忘れたと言えば。

奴は傷付き、落ち込むだろう。

どれほどの落胆を見せてくれるのか。

そろそろ手折っても良い頃合だと思った。


「出すぞ」


吐き出すだろうと思いながら、その中に。

花の最後を考えながら欲を吐き出すと。

零さずに受けながらも、びくり、と、体が硬直する。

そして、恐るおそる……と、言うような動きで。


ごくり、と、喉が動いた。


最後の一滴までを、綺麗に飲み干して。


[*前へ][次へ#]

28/32ページ

[戻る]


無料HPエムペ!