[携帯モード] [URL送信]

贈する想いは
4:【13784リク】

「……神田、」
「ん?」


お決まりの夜の挨拶に、奴は今日も来る。


「おやすみなさい……」
「あぁ。……何だ?」


もじ、と、する態度を示し、立ち去らない奴を見る。


「何?」
「ぁの、……入れて、……貰えませんか?中に」
「悪いが……、明日は早いんだ」
「知っています。……そんなに長居は……」
「……。入れよ」


はじめてか?な、少しだけ強引な奴を招き入れて。

きし、と、寝台に座ると、前に奴が。


「どうした?」
「……僕、僕を……、忘れたりしませんか?」
「は?」
「暫く、多分、……数ヵ月は、……会えません」
「出るのか?」
「はい。……だから、あのっ、」
「何だ?」
「神田に、僕を……、覚えていて欲しい」
「それで?」
「ぇと、あの、だから……、神田、……神田を、僕に下さいっ!!」
「…………は?」
「僕は、……誰かに渡したくない。だから、」


かつ、と、一歩を残して、近付くと。

その場に跪いて、座る俺を見上げ。

そ……、と、膝に掌が乗り、片手は伸ばされて。

その右手は、座る中心を指した。

足の間の、俺のそれを……。


「アレン?」
「……ね、頂戴。仕えさせて、僕に」
「おい、」
「気持ち好くなるように頑張るから。だから、忘れないで……」
「お前、キスがやっとじゃねぇか」
「だから……、何処が好いか、教えて」
「馬鹿か」
「馬鹿でも良い!」
「口淫とか、なにを言い出すんだよ」
「一生懸命するから、やらせて。これは僕の我儘、」
「……」
「僕の居場所、……あるって、ここに居て良いんだって、だから……」
「……正気か?」
「お願い。神田と長く離れるのが怖いの」
「……」
「だから、……もっと、神田との繋がりが欲しい」
「お前……」
「……欲張って、……ごめんなさ、ぃ」


体の関係は結んでない。

流石にそこまでヤるつもりはなく。

想い合っているとの、装う為の触れ合う行為で。

舌を入れてのキスを、施したりもしていない。

知れば色々と未経験で、まっさら過ぎる奴で。

それがいきなりフェラをさせろとは。

繋ぎ止めたいが為に必死。

側に居るための画策。

ただ側に居られれば……、から。

欲が出て来て、俺をより求める花は。

何処まで俺色に染まって来ているのか。


悪くない。


このまま……。



「その願い……、叶えてやるよ」
「……神、田……ぁりが、とぅ……」


[*前へ][次へ#]

27/32ページ

[戻る]


無料HPエムペ!