[携帯モード] [URL送信]

贈する想いは
3:【13784リク】

なんだこいつ?と、若干の困惑と混乱。

虚仮(コケ)にした、と、言われているのに。

それでも……、と、怒らずに食い下がるとか。

どれ程のお人好しで馬鹿なんだ。

好きだから、だからこそ、相手からも好かれたい。

多かれ少なかれ、見返りを期待なんてしていなくとも。

心の隅や底に、相手にもそれを求める気持ちは、普通はあるだろう?

欲深く欲しがらずに、尽くす事のみを口にするとは。

初めて接した、そんな好きを求める人間に。


「お前は馬鹿だ」
「だって、……そんな簡単に、……諦められない、よ……」
「……アレン」
「ぇ、あ……、」
「返事をしろ。……何だ?」
「……ぁ、名前……、モヤシじゃなくて……、アレン、って」
「黙れ」
「……」
「そんなに言うなら、まだ関係は切らないでいてやるよ」


遊ぶのではなく、遊んでやれば良いのだ。

どちらも奴で遊ぶ事には違いない。

手間は多少必要にはなるが、まぁ、……良い。

待っていて動かないなら、動かせば良い。

言動を起こして、振り回して、その様を。

嘲笑(ワラ)ってやれば良いのだから。

もう少しだけ……、玩具で楽しむ方法を。

探して、遊んでみるのも悪くない、そう思い直し。

咲いているものを手折るのではなく、自ら種を蒔く。

水をやり、慈しみ、花開く手伝いを。

美しく咲き誇る最高の時を待ち。

自分の為だけの、花を育て上げる。

手を握り、抱き寄せる、髪を梳き、見詰め。

一つひとつ、駆引きを入れながら。


奴が夢中になるように。
もっと溺れ込むように。


囲い、少しずつ狭め、視界を自分だけに。

奴の世界の中心に俺が、常に、ふと、いつでも。


想い出し忘れぬように。
想いに焦がれるように。


植え付けて、そして。

捨ててしまえば良い。

そうすれば、楽しい遊びと、まだなるだろう。

なる筈だった……、その時までは。





挨拶だけの行為は暫し続き、頃合いを見てその先へと。

共に過ごす時が、その距離を詰めたからかのように。

自然な流れになるように、気付かれぬように。

俺が本当に変わったのだと、自分の想いが実ったのだと。

相思相愛とまで行かぬまでも、互いに間違いなく好いていると。

そう思われるように、優しさや労りを織り交ぜて、接して。


それに掛かる多少の自己犠牲は、仕方がないと割り切りをし。


柔らかく唇を合わせて、軽く抱きしめる。

顔を離して目線を絡めて、また引かれるように。

驚く程に下手だった奴のキス。

今は、少しは上達をした。

赤くなって、口付けは疎か、手を繋ぐ事も。

ハードルが高くて、指先が触れる事からで。

もどかしい程に、ゆっくりとしたごっこ遊び。

俺にとっては擬似である奴との恋愛。

偽物の思慕、偽物の心。

そうやって構築されて行く関係は。

虚偽で、見せ掛け……、そうある筈であった。


[*前へ][次へ#]

26/32ページ

[戻る]


無料HPエムペ!