[携帯モード] [URL送信]

贈する想いは
1:【13784リク】誘(イザナ)われるは、誘(イザナ)われたは。【R18】

別に。

それが在ろうと無かろうと。

何も変わらずに。

世界は動き、俺は生きる。

そう思っていた。





「何だ?」
「……ぁ、あのっ、」
「早くしろ」
「ぇ……、っと、……」
「うぜぇ。さっさと喋れよ、モヤシ」
「……ん、」


やたらと突っ掛かり。
やたらと吹っ掛けて。

視界に入れば目障りで。
寄りて語れば一触即発。


何が気に食わない?


俺だからか、お前だからか。


正に犬猿の仲。


それが、俺、神田ユウと。
奴、アレン・ウォーカー。

二人のたち位置で間柄。
それは周知で共通認識。


覆る筈のない物。


「神、田……」
「早く言え」


いつもは、歯切れの良い物言いで。

いつもなら、即、食い付いて来るのに。


今日は、……様子が違う。


だからか。

何時もの俺らしくなく。

奴の言葉を待っているのは。


らしくなく。
有り得ない。


俺の態度も。
奴の態度も。


「……か、ん、……ぇ、ぁの」
「まだかよ」
「……き、」
「あ?聞こえねぇ」
「好きですっ」
「………………は?」
「好きです!」


目の前には顔を赤くする奴。

いや、多分赤い。

団服の裾を、きゅ、と、両手で握り締め。

言い切ると同時に俯いて。

耳が赤い、微かに震える肩が……。


「……悪ぃ、」
「ぁ、……ごめん、ごめんな、さ……」
「お前、」
「……気持ち、……悪い、ですよ……ね、」
「黙れ。もう一回言ってみろ」
「……え?」
「お前、今……」
「……告白、しま……した。……神田、に」
「聞き間違いじゃねぇのか」
「……好き、です……と。言い、まし……た」


ちら、と、視線を向けて来る。

下向き加減なので、上目使いになって。

眸の煌めきは溢れそうな涙のせいか。

強気である所しか、見た事がなかった。

こんな不安気な雰囲気を纏うと、仕草をすると。

本当に思いもよらなかった、告白されるとも。


俺が好きだから弱さを見せたのか。
俺が好きだから怯えを孕んだのか。


白状したのは勇気かも知れないが、……そうだ、な。


「……神、田?」
「あ?」
「……と、あのっ」
「ふぅん。……良いぜ」
「ぇ、」
「付き合ってやるよ。お前と」


そう、言葉を紡ぎ出して、さら、と、伝える。

色んな意味で悪趣味か?と、思わなくも無かったが。

まぁ……、これまでの、揉めた苛立ちや鬱憤を。

今までの俺に対する、奴の悪態への仕返しを。

暇潰しも兼ねての、からかいと嘲笑を隠して。

不誠実極まりない思惑を抱(イダ)きながら。

そんな気持ちの俺に、真剣なんて物がある筈もなく。

気晴らしに過ぎない、ただの成り行きな気紛れ。

好き、なんて感情を、同性になんて抱く訳がない。


だから。
これは。


単なる、戯れなる、玩具でのお遊び。


[*前へ][次へ#]

24/32ページ

[戻る]


無料HPエムペ!