誰かに聞いた怖い話
・・・山越えの道7
.
ゆっくりと慎重に進む四駆の後を、十分な車間距離を保ちながら僕の車が続いて行きました

彼女に注意されるでも無く、四駆よりも車高の低い僕の車では、いやが上でも細心の注意を払わねばならなかったのです





薄暗い車内には先程からの軽快な音楽が流れるだけで、彼女は前方を…彼氏の乗った四駆の進む姿をただ黙って見つめ、余計な事は一言も喋りませんでした

でも…それが、女性に対して多少口下手な僕にとっては、有り難い事だったのです

ましてや、慎重な運転を要求されるこんな面倒な山道では、尚更集中したいのです





『停めて!』



急に車内に響き渡る彼女の声よりも早く、僕は既にブレーキペダルを踏み込んでいました

急な左カーブを曲がった先に、四駆の赤いテールランプが停まっていたからでしたが、彼女に十分注意されていた為、大事には至らなかったのです



『どうしたの?』

僕は運転席側のウインドーを下げ窓から頭を出し、四駆の側に佇む黒いシルエットに向かって声を掛けました



『木が倒れていたんだよ!彼女に注意をされて無ければ危なかった所だよ』

先輩らしきシルエットが、こちらに歩み寄りながら答えたのでした

[前頁へ][次頁へ]

7/99ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!