誰かに聞いた怖い話
・・・山越えの道6
.
『通れない?』



『そう…』

僕の困惑を全く無視して、彼女は短く答えました

そして彼女は続けたのです



『私達がさっき迄走っていたあの道は、今頃は凄い渋滞の筈よ』



『渋滞?でも…さっきは渋滞なんて…』



『今に分かるから…それ寄り、いよいよ山道に入るわよ!落石には十分気を付けて!ゆっくりで良いわよ、慎重にね』



『…』

彼女の顔に一瞬浮かんだ、少し煩しそうな表情を視線の内に捉えた僕は、彼女にそれ以上尋ねる事を止めたのです

僕にはその時何故か…彼女の言葉の謎が彼女の言う通りに、その内きっと僕にも分かる筈だと確信していたのでした





『一寸車を停めて!そこ!その場所で後ろの車を先に行かせて!』

車内に流れる軽快な調べを遮って、不意に彼女が車のハイビームに浮かび上がった、道路脇の駐車スペースを指差したのです

一瞬僕は追突を心配してルームミラーに視線を走らせましたが、予め打ち合わせをしていたのか、後続の四駆は僕の車とは十分な車間距離を取っており、急に合図を出しながら減速した僕達の車の脇を、これ又、予め打ち合わせを済ませていたのか、何の躊躇も無く抜き去って行ったのでした

[前頁へ][次頁へ]

6/99ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!