誰かに聞いた怖い話
・・・秘伝3
.
『確か…えい児の料理で、予約制の店だって聞いた覚えが…』



『えい児って何だ?』



『産まれる前の、赤ん坊の事だよ』

私に向かってそう尋ねた走り屋の彼に、旅行好きの彼が、代わって答えてくれたのでした



『もっとも、本当の話なのかどうかは、私にはわからないけど…』



『酷いな、その話は…幾ら飛んでる物は飛行機以外、四足の物は椅子や机以外は食べると云われてるとはいえ…ちょっと信じられねえよ』



『確かにね…でも、別に驚く事じゃあないよ…』

そう言い切った病院長の息子の顔を、その場に居た私達全員が見つめたのです

彼の真意を探る為に…



『皆も知っていると思うけど、世界各地に人喰の風習は沢山あったんだ…』

『その食べる目的も色々とあって…例えば、闘って倒した相手の力を、自分のモノにする為にとか…』

『保険金目的で夫を殺して、その肉を料理して隣人に食べさせた話もあるし…』

『ただ純粋に生き残る為に…食べた場合もある様だね』

『でもね…これから話す話は、そんな目的じゃあ無いんだよ…許されるべき理由じゃ無いんだ…』

彼には珍しく、話し方に熱がこもっていた

『叔父から聞いたんだ』

[前頁へ][次頁へ]

3/97ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!