誰かに聞いた怖い話
・・・消えた仲間3
.
『やっぱり変だわ…雨が強く降り出した頃から、全然声が聞こえなくなったの…もしかしたら…もう……いいえ…そんな筈は無い…そんな筈は…』

僕は彼女の不吉な呟きを微かに聞きながら、激しい雨で視界の効かぬ見通しの悪い峠道を、後ろに連なる四駆を引き連れ走り続けた

兄が自分を待って居るかも知れない、もう一か所のキャンプ場を目指して…





…いつの間に雨が降り出したのだろうか…



…キャンプ場に近付く雷雲の為に、風は強まり山入端の空は明るく染まり、雨がいつ降って来たとしてもおかしくはない天気だった…



…けれども、さっき迄雨は降ってはいなかった筈だった…



…一体いつ降り始めたのだろう…



嫌な雨だった

私の身体を芯から冷やす…氷の様な雨だった



…何故?



…何故…私は?



…何故…雨に濡れているんだろう?



私は冷たい雨から逃れる様に、身体を動かしたのだった





『あっ!』

僕はもう一つのキャンプ場の駐車場入口に、車の侵入を阻む目的で張られたロープに気付いて、慌ててブレーキを踏み込みました

激しい風雨に煽られたロープには、一枚の真白なプレートが吊り下げられていたのです

[前頁へ][次頁へ]

20/67ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!