誰かに聞いた怖い話
・・・消えた仲間2
.
…それって、どう言う事…



…何故?



…何故…誰も私の問い掛けに答えてくれないのだろう…



…分からない…



…もしかして…もしかして私の事なのか?



掛ける言葉すら失った私は、友人達の顔を見つめるだけだったのです





高速で動くワイパーですら捌き切れない程雨足は強まり、僕は前方の様子を一瞬開く視界の中から掴むしか無かった



『兄ちゃん達は、何処に行ったんでしょう?』

そんなどうしようも無い焦りの中で、僕は答えを期待出来ない質問を、助手席に座る彼女に繰り返していた



『待ち合わせのキャンプ場は、こっちの筈だったんです…兄ちゃん達も場所を変更したんなら、僕の携帯に連絡くれれば良いのに…何で電話してくれなかったんだろう』

『大丈夫ですよね?』

『兄ちゃん達は、大丈夫ですよね?』



『…』

やっぱり彼女は黙ったままで、僕の質問には答えませんでした



そんな彼女が再び口を開いたのは、僕の運転する車が小さな轍にタイヤを落し、左側に車体を傾げた時だったのです



『分からないの…バイパスから林道に入る前は、あんなにハッキリと聞こえていたのに…ごめんね…分からないの…』

[前頁へ][次頁へ]

19/67ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!